アニメ「えんどろ~!」第1話「ろーる1 エンドロールにはまだ早い~!」

最初っからクライマックス!

勇者パーティー4人組でラスボス魔王との決戦より物語は始まります。

カードの力を使役して戦っています。

かわいい美少女4人によるバトルは可愛さが上回りそこまで緊迫感がありませんが、4人は本気そのものです。もうダメかもしれないというところで、勇者が決断をして、禁断の技を使います。

4人のカードを中央に高く掲げて魔法を使い、見事魔王を倒すことができました。禁断の技というわりには特にデメリット的なところはなく、失敗したら大変なことになるけど、成功したから問題なしということだったのでしょうか。

魔王をたおしたことにより、エンドロールが流れます。魔王討伐までの道のりの出来事が添えられてスタッフたちの名前が流れてきます。

そして、朝が来ました。魔王がいなくなった朝であるためか、それとももともとそのような正確なのか勇者は緩みきった感じで目を覚まし、学校へ向かいました。勇者としての役目を終えて、まだまだ若い勇者たちは学生生活へ戻ったのでしょうか。

授業が始まるやいなや、おじいちゃん先生が田舎に帰るとのことで、急遽変わりの先生が着任することになりました。

先生には角が生えています。先生の割にはとっても可愛らしい背格好です。本人としては可愛いとは思われたくないような表情をしています。といいますか、これ多分魔王かそれに関係しているものですよね。

ここで回想シーン。なんと最初に勇者たちが放った禁断の技は失敗に終わっていたのです。その失敗した内容とは、魔王の時間が巻き戻ってしまったのです。そして、魔王は巻き戻った時間を利用して、勇者が勇者となる前に勇者でなくしてしまうという計画を企てました。

おそらく容姿的にも現在の魔王の力ではザコ敵クラス相当なのか直接勇者に手をくださないみたいです。勇者を勇者でなくすために、まずは勇者が勇者になりたいと言っているのを否定します。魔王がいるから勇者であって魔王がいないときの勇者は無職であると言いつけます。

それに追い打ちをかけるべく、簡単なテストを全員に課しました。比較的簡単なダンジョンでもミッションです。他のグループは簡単にクリアしました。しかしながら勇者グループの際には魔王先生の操作により、高難易度といいますが、もうダンジョン外に出てしまって冒険してる感がありますが、クリアできないようにして落第させようとの計画が進行しました。

ですが、勇者たる素質は運命づけられているためか、ミッションのアイテムを獲得には至らなかったですが、勇者の剣を獲得することとなり、魔王先生の目論見は外れていしまい、勇者が勇者たることを決定づけるアイテムを獲得する手助けをしてしまうことになってしまったのです。

運命の結末は帰ることができず、魔王先生による計画は途方に終わり、勇者が勇者になったのは魔王のおかげのような展開になりそうですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください