アニメ「エガオノダイカ」第1話「ソレイユの少女」

ロボットもので戦争があっているようです。

タイトルがとても怖い感じですが、第1話はとても楽しげな感じでした。ただし、最後のシーンの国境つまりは戦争の最前線の映像が映し出されるまでは。

原作制作共にタツノコプロということで、期待しちゃいますね。シビれる王道に展開とかで最終回付近はかなり盛り上がってくれる感じなのでしょうか。

シミュレーションのステージに「TOKYO」の文字。「トクヨ」と呼んでいるらしく、だいぶ過去のものとされているようです。

文明が進んでいるかと思ったら、ロボットとかの機械関係はかなり発展していそうですが、街並みとしては今現在の文明よりちょっと前くらいかなといい感じです。

12才の王女ですが、両親である国王とその妃は国を救うために命を落としてしまったようです。

ですが王女はたくましく育っているようで、王女としての事務的な仕事はまだまだおろそかにしていますが、一国の主人であることは自覚しているようです。

状況判断能力も長けているようです。

王女に幼馴染が他国の人間に侮辱されたことで決闘を挑みます。

この侮辱は、他国の使いが「王女の器を確かめよ」と命じられての行動だったのですが、もともとの性格もあってか行き過ぎた言動であると王女の幼馴染は受け取ったものです。

決闘の方法としてシミュレーションによる戦闘で、リーダー機を含めた計5体の機体による編成で、リーダー機以外は遠隔操作で動くようです。

侮辱をした相手は二人で、王女の幼馴染は力の差を見せつけたくて、2対1と不利な条件で決闘を申し込んだようです。

これは王女の幼馴染が敗北して屈辱の表情を見せるのかなと思ったのですが、王女の幼馴染は焦って力技で行くような感じに見えましたが、ちゃんと計画は練っており、戦闘力も高めでした。

それでもやはり、2対1はきつく、相手の一人はリーダー機に、もう一人は戦闘機には乗らず状況分析や指示をしているようでした。

この決闘のことを聞きつけた王女は駆けつけて、2対2となるように、参戦しました。

王女の機転により決闘は王女の幼馴染の勝利に終わりました。

今のところはワクワクするような展開ですが、やはりタイトルが怖いところがあるので今後の展開がどうなるのか気になります。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください