アニメ「ケムリクサ」第3話「Episode.3」

・毒(恋?)は次女にのみ効果的
・食糧?の摂取
・エンディング映像が示すもの

<毒(恋?)は次女にのみ効果的>
いまだに男の子に近づいたときに発症する症状が恋であるとは知る由もない次女さん。三女さんたちが彼に近づいてもその症状は現れず、次女さんは疑問に思ってしまいます。そして次女さんは自らを省みない男の子の善意にすこし心を許し始めているような気がします。
<食糧?の摂取>
3人姉妹たちはどうやら大量の水を摂取し、それで10日間は持つそうです。まるで植物ですね。といゆうより、そうなのでは。彼女たちは自分たちのことを”人”だと思っており、男の子は”人”ではないと思っています。そして男の子は彼女たちのようにはがぶがぶと飲んで貯蓄できるはずもなく、少し飲むだけで満足そうにするので、三女さんは不思議がります。そうなると男の子は水だけでは今後栄養失調になるでしょう。そうならないためか、発見したケムリクサが食べられそうな香りがするといって食べてしましまいます。彼は何となく、おいしそうに食べていますが、次女は三女にマネしないように言いつけます。”人”はケムリクサを摂取したらどうなるかわからないだからそうです。
<エンディング映像が示すもの>
これまでと違うエンディングが流れ。その映像は、今回の話で見えてきた、彼が来るまでの彼女たちの人数とその命が散っていった順番を示すものでした。ドキドキしながら見るエンディングとなりました。男の子と思われる異色のシルエットが登場したところでエンディング映像はストップしました。もしもこれが先に進んで誰かのシルエットが散ったとしたらとハラハラしました。

三女たちは増えることができるといっていましたが、無機物の”新しいもの”を一定量摂取することで、増えることができるようです。そして、摂取したものはスカートから出現させることができるみたいです。水を得たことで新しい島に到着することができましたが、スペースシャトルのある遊園地って、閉園してしまったスペースワールドじゃないのかな。もしかして今後も新しい島に行くときには、現代では役目を果たした施設等が出てくるわけじゃないですよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください