アニメ「盾の勇者の成り上がり」第2話「奴隷の少女」

・つるはしは持てる
・奴隷との主従関係
・それなりに生活できている

<つるはしは持てる>
主人公は金を稼ぐために魔物が巣食っている炭鉱石のある場所へと行きました。そこで、炭鉱石を取得するためつるはしを使っていました。どうやらつるはしは武器認定されていないみたいですね。武器にしようとしたらできるのでしょうけど、この世界のルール的にはそうじゃないみたいですね。ゲームみたいな世界であることもあり、あるゲームでは武器として使えたりしますが、それはイベントモブキャラの装備品だったりしますし、武器ではなく単なる採掘道具としてしか使えなかったりするからですね。
<奴隷との主従関係>
奴隷商人から奴隷を買った盾の勇者。奴隷とは契約がなされており、主人の命令は絶対のようで、逆らおうとすると胸のところの印が反応してお仕置き的に従うまで電撃が走るようになっているみたいです。戦うことが嫌な奴隷少女を戦わせるために彼はモンスターを倒すことを強要します。これは武器を震えない彼、そして現在力のない彼女が生き抜くために必要なためなのでしょう。次第に彼女は自分で戦う意思を付けていきます。しかし、ある程度になるとしり込みしてしまいます。ですが、短いながら守りたいもの、そして、もう取り返せないけど守れなかったものと決別する多ためか、勇気を振り絞り彼女は剣をふるうことができるようになります。
<それなりに生活できている>
前回、性犯罪者に仕立て上げられ、後ろ指をさされることとなった盾の勇者。しかしながら彼も生き抜くために、太々しく生きています。結局事情を察知しているのは武器屋の主人だけでした。彼はまた武器屋の主人のところを訪れて、奴隷少女の装備を整えます。武器屋の主人とって盾の勇者はすっかりなじみの客となったような感じです。武器や以外でも彼は袖の下に従えている(?)魔物をちらつかせることでほかの店でも門前払いやぼったくリをされることなく、町で生活をすることができています。

盾の勇者として盾のスキルを上げていっていますが、スキルで薬の調合ができたり、ロープを出したりできるようになっています。ほかの勇者たちの武器はどのようなスキルが解放されて行っているのかはわかりませんが、冒険を進める際ではこれだけ多彩な芸を持っている盾の勇者は本来ならば重宝されるのではないかと思うのですが、これまでの盾の勇者も見た目で判断されて切り捨てられていったのでしょうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください