アニメ「約束のネバーランド」第3話「181045」

・ママさん補佐の思惑
・フルスコアの実力
・内通者

<ママさん補佐の思惑>
新しく入ったママさんと思ったようですが、”ママ”になれるのは各施設一人ずつらしいですね。そのため、補佐役の女性はいずれ私がママになると一人になったときに言っています。オープニング映像の印象だと、内情を知らない純粋な人かなと思っていたのですが、ばっちりと内情を知っているどころか、この女性も通常の思考とは違うところがあります。赤ちゃんに見立てたボロボロの人形をあやしたりしています。怖いです。しかし、ママさんの部下でありますが、そうそうに下克上をもくろむたくましい人です。
<フルスコアの実力>
全員逃走を実現するために、自分で走れる子たちは自分で逃げ切れるように、鬼ごっこと称して、フルスコアの子たちが逃走テクニックを教えます。これまでは鬼ごっこを有利に進めるため、それぞれ自分たちだけのテクニックとしていたものでしょう。しかし、それを年下の子たちに教えることとなりますが、特に年下の子たちは怪しむことなく、むしろ楽しんで逃走技術を身につけていくことになりました。
そして、ママさんの補佐役の女性がそれを見て今後のためでしょうか、鬼ごっこの鬼役をかってでます。この補佐役は早々にこどもたちの特徴を把握しており、この女性自身の身体能力が高めで次々と子供たちを捕まえてしまいます。
しかしながら、約束の20分で、頭脳明晰な男の子とそれに準じる男の子二人を捕まえることまではかないませんでした。その際に補佐役の女性はフルスコアの子どもたちに少々畏怖の念を抱きます。
<内通者>
メガネ少女がめちゃくちゃ怪しい!ちょっと下を向いたらメガネが反射して目が見えなくなる表現とか完全に疑わしい人じゃないですか。主人公の女の子はそうとは知らず、メガネ少女の前で本来必要のない動きをしてしまいます。そしてその後、頭脳明晰な子曰く、ママさんの監視の目が薄くなったとのことですが、それはつまり、監視の必要性が減ったということで、そうするために内通者を作ったと結論づけました。その考えが間違っていなければ、メガネ少女はどのような脅しをかけられているのでしょうか。内通者となってしまったメガネ少女は最後まで生き抜くことはできるのでしょうか。

ママさんの補佐役の方が入ることにより、ママさんとの会話が発生し、それによりママさんサイドがどの程度状況を把握して行動しているのかがわかるようになりました。
各話のタイトルですが、121045→131045→181045となっています。これは日付かな?1945年の10月12日から第3話では10月18日。もしそうであるならば、2カ月で出荷のため、121245の話の時に次の子が出荷されてしまうのでしょうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください