アニメ「魔法少女特殊戦あすか」第1話「帰ってきた魔法少女」

鬱グロ魔法少女(少々物理)なアニメです。

冒頭で世界観を伝えるものがありましたが、とりあえず敵がいる感じで、人形の姿をした酷いヤツらがいるようです。

流血表現どころか、子供が見たらトラウマレベルな感じです。

ですが、魔法少女たちがカッコいいです。

主人公の女の子は中学生時代は魔法少女として活躍していたのですが、時系列がうまく掴めていませんが、家に敵がしており、姿の見えない両親がさらわれたと悟った彼女は両親を返すように要求しますが、時すでに遅しだったようで、「少しずつ返してあげる」と魔法少女に箱をプレゼントします。おどろおどろしい文字で主人公と思われる魔法少女の名前が書いてありプレゼント風にされていたものの箱の中には人の手首より先が詰められていました。

それにより魔法少女をやめてしまったのかなと思います。

ですが、通っている同級生の女の子が事件に巻き込まれてしまい、異常な集団に銃殺されそうなところで魔法少女としての力を使い助けます。

しかし、魔法少女も色々やられてきたからか、敵の倒し方がえげつないです。主犯格の人間は重要人物として引き渡すためか、両足をスネの位置で切断してしまいます。主犯格以外の敵は斬殺どころか胴体を切断したりしています。

主人公以外にも魔法少女たちがいるようですが、これは展開的に何人か無残に倒されてしまうのではと思います。

昔話的な時で、9人だった魔法少女が今では5人とか言うシーンもあったので、あり得るのかなと思います。

救いのあるエンディングになってほしいです。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください