futsuka のすべての投稿

アニメ「ケムリクサ」第1話「episode.1」

ケモナー三(?)姉妹と人間のサバイバルアニメみたいですね。雰囲気としてはシリアス方面です。ですが見た目は制作会社がヤオロオズでかわいいタッチの絵です。

まずは次女と三女と思われる人物が、金属製の大きめな客船のようなところで飲み水を発見したところから始まります。

どうやら彼女たちは生き残るために頑張っているようです。

彼女たちはケモナーで、身体能力がとても優れているようです。

敵がいることを察知して、次女は三女に対して長女のところに先に戻るようにいいました。

しかしながらせっかく見つけた水をほかの姉妹のためにも残したく、長女のところではなく、廃船へと戻りました。

三女はたしかにフラグを立てていましたが、キャラの濃ゆさから死亡フラグはへし折る存在と思っていましたが、次女が敵を倒して三女のところへ駆けつけた時には時すでに遅しで、相打ちとなっていました。

容赦ないなと思いつつ、今後もこのように、重要と思われる人物の命も奪い去るような残酷なストーリーになるかと思いきや、次女の目の前で消えていなくなってしまったはずの三女が復帰どころか、4人もいました。

ですが、三女はたくさんいるようで、これからも増殖は可能なような発言をしていましたが、一人一人に命はあり、次女はその重みをしっかりと受け止めていました。

周りの風景や、三人姉妹の拠点から見るに、滅びてしまった都市部のようです。

廃船で見つけた水を、電話BOXを容器にして、汲み上げた水を溜めていて行っていました。

すると、なぜか人間の男の子が出現しました。三姉妹以外には「ムシ」と彼女たちが読んでいる敵しかいません。

三姉妹はその男の子は「ムシ」ではないかと疑いを持ちます。先ほど三女のうちの一人の命を目の前で奪われて行った次女は、また仲間がやられないように、さっさと始末することを選択しました。

当然男の子もやられたくはないので逃げ惑ったりしますが、好奇心旺盛なのか、三姉妹の人間離れした能力に興味を惹かれました。

状況や雰囲気から見て長女と三女は安全ではないかと思いつつありますが、次女はそうは思えず、「ムシ」に有効な「ケムリクサ」で、うつことによってそれがわかると彼に技をかけることにしました。

なんだかんだあった少年も意を決して、彼女の行動を受け入れることにしました。

優しすぎだろ少年!しかし、少年には「ケムリクサ」は効きませんでした。

それでも彼に気を許すことが出来なかったみたいです。さてさて、これはこの後どのように少年は次女さんんp信頼を得るのかと思っていましたら、大型の「ムシ」が出現ました。

あとはお決まりの展開ですね、少年の勇気ある行動により、身の潔白が徐々に証明され、戦闘が終わる頃には次女さんはなぜか少年に対して赤面するようになっていました。

これは今後に少年と次女さんの行く末の方が、世界の謎よりも興味深いですね。

 

アニメ「ドメスティックな彼女」第1話「ここであたしと、してくんない?」

タイトルからして健全アニメ方面ではなさそうです。

冴えない高校デビュー男子高校生が主人公のお話です。いきなりこの主人公がDTを捨てたところから入ります。

DTを捨てた相手は、誘われた合コンで出会った女の子。お互い好き同士でも何でもなく、それが故に女の子の方からそのお誘いがあり、男の子はそれに同意したわけです。

女の子は尻軽というわけではなく、周りから子供扱いされたくないと、背伸びをする気持ちでことに至ったようです。冷めた感じの印象があり、恥じらうような描写もなく、これっきりの関係だと男の子とは別れました。

この男の子は好きな女性がいるにもかかわらず、見ず知らずの他校の同級生としてしまったわけです。そしてそのことを信頼をおける親友に報告することとなったのですが、そのことでこの男の子の好きな女性が見えてきたのですが、どうやら学校の先生らしいです。

その先生には彼氏がいるという噂があり、叶わぬ恋と思っていたフシもあるのでしょう。そのため、雰囲気にのまれたこともあるのでしょうが、据え膳食わぬは男の恥とやらになったわけですね。

意中の先生と男の子はまったく関係性がないわけではないようで、雑談とかもするような中のようで、遠くから見ています的な感じとは違いました。

はい!ここで話が急展開!主人公の男の子と、他校の同級生と、意中の先生が義理のきょうだいになってしまいました。

主人公の男の子は父親との二人暮らしで、母親は他界しておりました。そして、他校の同級生と意中の先生は姉妹で、その父親は出ていってしまい、母親との3人ぐらしをしていたようです。

主人公の父親が再婚したいとの話しで紹介したい人がいるとの展開となり、おっと、これは意中の先生が再婚相手でどろどろしたような話になるのかなと思いましたが、そうはなりませんでした。さすがに年の差がありますしね。

それでも、やはり急展開ですね。意中の先生と義理のきょうだいとなり、ますます先生とお付き合いしたいとの夢は遠ざかってしまったのですから。世間的にはアレなんでしょうけど、法律的にはセーフ?

そのうえ、一晩限りの関係だった他校の同級生も義理の兄弟になってしまったんですから、これはとてもとても気まずいですね。

他校の同級生は二人きりになれた瞬間に、あれは一晩限りのことであることを改めて忠告しました。

そして、意中の先生は家ではだらしない性格だったようで、風呂上がりに肩掛けタオルにパンツ一丁でリビングに登場してしまい、母親に怒られます。タンクトップと短パンを履いて下着を隠していますが、肌の露出が多く、主人公にはとても刺激的な格好であり、肩掛けタオル姿とあまり変わらない印象のようです。

そして、先生はビール缶を何本も飲み、リビングのソファーでだらしなく寝ています。主人公だけでなく義理の父親とも一緒に生活をしているのになんとだらしない。しかし、主人公はそんなだらしなくソファーで寝てしまっている先生の唇に惹かれてしまいます。彼氏がいるとの噂もあり、家族になってしまって、おつきあいするとの夢は夢で終わってしまうと思い、その夢を終わらせるため主人公は先生の唇をじっと見つめて、寝ている先生にキスをしようとします。

これは展開的に先生起きてしまうか、寝言とか寝返りとかで失敗に終わるやつかなと思っていましたら、そうでした彼女の存在を忘れていました。他校の同級生です。バッチリ現場を見られてしまい、主人公のキスは失敗におわります。

ここでエンディングが流れ、さて、主人公が寝ている姉にキスをしようとしているのを見て、彼女はどうするのか。どう思ったのか。女なら誰でも良かったのね。見たいなかんじになるんでしょうか。

 

アニメ「約束のネバーランド」第1話「121045」

サムネ的に負の方向にやばいのかなと思ったら、やはりそうでした。

始まりは孤児院での楽しそうな風景から始まりましたが、専用の頭脳テスト用の機械があって、一人一台あるところからおかしい雰囲気がありました。

孤児院にそのような大層な機械があるというのは不釣合いでな感じで、それが今後の展開に関係してくるのだなと考えられます。

何よりおかしいのは孤児院の子供達全員の首元に家畜のようにナンバリングされていることです。

特に孤児院の子供達に特殊能力のようなものはなく、超能力研究所とかそういうのではなさそうです。

さてさて、小さい子が孤児院を出ることとなりましたが、フラグをいくつか立てていました。やばいな。これはこの子やられてしまうパターンだと思ったら案の定、その子は死体で発見されました。

その死体を発見するまでですが、まず孤児院は子供でも超えられるような小さい柵に囲われています。逃げ出そうとしたら簡単に逃げ出せるでしょう。

しかしながら、孤児院のママさんはとても優しい人で孤児院全員から慕われています。

そのママさんとの決め事で、危ないから近づかないようにと言われ、ママさんが言うことだからと言うことで、誰もその約束を破りません。(疑問に思っている子はいます。)

ある日、死体となって発見される小さい子はママさんに連れられて出て行くことになりました。

小さい子が大事にしていた人形を、主人公と思われる孤児院最年長の女の子と、孤児院一頭脳明晰な男の子がママさんの言いつけを破り、あとで謝ればいいやと言う感覚で届けに行きました。

しかし、そこで見たものはトラックの荷台に乗せられた小さな子の死体でした。

二人とも絶句しますが、その犯人たちが近づいたのに気づくと、トラックの下に隠れて、その後逃げきれました。

その犯人たちは、人間ならざる異形のものと、孤児院のママさんでした。

首元のナンバリングはやはり家畜のような意味合いであり、大層な機械でのテストは質の判断に使われていました。

次はその最年長の女の子、頭脳明晰な男の子、そしてママさんとの約束事に疑惑を抱いている男の子の三人であることを知ってしまいました。

このまま孤児院にいたら、自分たちも食べられてしまう。逃げたいけど、ほかの孤児院の子達も見捨てられない。この状況をどう回避できるのか。

そして締めくくりは、届けるはずだった人形を孤児院のママさんが見つけてしまったところで終わり、次回の出荷までの猶予が縮まってしまったようです。

 

アニメ「エガオノダイカ」第1話「ソレイユの少女」

ロボットもので戦争があっているようです。

タイトルがとても怖い感じですが、第1話はとても楽しげな感じでした。ただし、最後のシーンの国境つまりは戦争の最前線の映像が映し出されるまでは。

原作制作共にタツノコプロということで、期待しちゃいますね。シビれる王道に展開とかで最終回付近はかなり盛り上がってくれる感じなのでしょうか。

シミュレーションのステージに「TOKYO」の文字。「トクヨ」と呼んでいるらしく、だいぶ過去のものとされているようです。

文明が進んでいるかと思ったら、ロボットとかの機械関係はかなり発展していそうですが、街並みとしては今現在の文明よりちょっと前くらいかなといい感じです。

12才の王女ですが、両親である国王とその妃は国を救うために命を落としてしまったようです。

ですが王女はたくましく育っているようで、王女としての事務的な仕事はまだまだおろそかにしていますが、一国の主人であることは自覚しているようです。

状況判断能力も長けているようです。

王女に幼馴染が他国の人間に侮辱されたことで決闘を挑みます。

この侮辱は、他国の使いが「王女の器を確かめよ」と命じられての行動だったのですが、もともとの性格もあってか行き過ぎた言動であると王女の幼馴染は受け取ったものです。

決闘の方法としてシミュレーションによる戦闘で、リーダー機を含めた計5体の機体による編成で、リーダー機以外は遠隔操作で動くようです。

侮辱をした相手は二人で、王女の幼馴染は力の差を見せつけたくて、2対1と不利な条件で決闘を申し込んだようです。

これは王女の幼馴染が敗北して屈辱の表情を見せるのかなと思ったのですが、王女の幼馴染は焦って力技で行くような感じに見えましたが、ちゃんと計画は練っており、戦闘力も高めでした。

それでもやはり、2対1はきつく、相手の一人はリーダー機に、もう一人は戦闘機には乗らず状況分析や指示をしているようでした。

この決闘のことを聞きつけた王女は駆けつけて、2対2となるように、参戦しました。

王女の機転により決闘は王女の幼馴染の勝利に終わりました。

今のところはワクワクするような展開ですが、やはりタイトルが怖いところがあるので今後の展開がどうなるのか気になります。

 

ゲーム「アルセカ・ストーリー」(その4)

coinさん(https://twitter.com/c01n_coin
)の作品です。

2019/01/13

トレジャーハント中です。

奥の扉のショートカット便利ですね。転移石だと、一度きりというか、任意の転移石を選ぶことができないので、その点、奥の扉は大変便利です。

さて、今は沼地の神殿へ来ています。謎解きギミックにはまってしまっています。

とあるダンジョンでは、Aキーによる相談でスコットくんがヒントくくれたのですが、今回は相談によるヒントはなしのようです。

その謎解き部屋に転移石があるので、メンバーを入れ替えて、レオンくん、ライナスくん、クリスさんを連れてきたのですが、誰もヒントくれないです。寂しいぜ。

ちなみにそのメンバー編成の際にレオンくん、ライナスくん、クリスさんのスキル確認を行いました。

クリスさんのみ蘇生術を持っているようですね。補助系も充実しているので、モンスター付き宝箱を制覇したらスコットくんとクリスさんの交代の可能性が濃厚です。

そして、これを書きながら思い出しました。お金ってどこで使うんだろうと思ったら、拠点のすぐ上の「知識に館」で使えるじゃん。本当にすっかり忘れてました。

「知識の館」に着きました。お薬タカイ。これは、クリスさんはやっぱり必須パーティーかな。

2次メンバー

全体攻撃要員で最初はサリアさんを入れていましたが、今はふつかもスコットくんもできるようになったし、クリスさんも使えるようだからサリアさんとクリスさんを入れ替えよう。サリアさんは幅広い属性魔法を使えるけど、見た目じゃ何の属性が有効なのかわからないのが結構いるし、覚えられないからメリットを使いこなせない。

これにより、戦闘が幾分かマシになるはず。火力上げには限界があるから、補助系統で長期戦に耐えうる感じにしないとやっていけない感じになってるしね。

装備品の見直しも行いました。

クリスさんはMAG特化。エマさんはATK特化。スコットくんはSPD特化。ふつかはDEF特化の装備にしてみました。

さてさて、沼地の神殿に戻りまして、思いつくパターンをやりまくって、やっと謎解きギミックを発動させることが叶いました。

その後もトレジャーハントを続けていましたら、ついに女王がいると思われるダンジョンに到着しました。そのダンジョンの最奥と思われる場所には、無限に使える回復ポイントがありました。

これは絶好のレベル上げポイントと思い、一戦ごとにかなりの手負いになるため、一戦ごとに回復してクイックセーブをしての繰り返しでレベル上げ中です。

2019/01/14

レベルも上がっていき、戦闘が楽になると思いきや、雑魚敵も段階ごとに強くなっていき、ついにはレベル上げゾーンと思っていた区画の魔物も一筋縄ではいかず、それどころか返り討ち食らうことになってきました。

まだ行っていないちほーのダンジョンでトレジャーハントを再開します。

さばくちほーから、かざんちほーにつながっているらしく、そこに見るからに怪しいものが立っていました。

どうやらスコットくんとゆかりがある魔物みたいです。

物は試しと、雑魚敵にやられるようなメンバーと装備構成のままバトルを挑みました。

ターン36。ふつかのマジカルヒール。スコットくんのイージス(魔法の盾)。エマさんの三連撃。クリスさんの回復魔法。長期戦により、勝利を得ることが叶いました。

さて、これで調子づいた私はほかの強そうな敵を倒しに行こうと意気込んだのですが、その強そうな敵に遭遇する前に、逃走を許さぬ雑魚勢にその出鼻を挫かれることとなりました。

その後、以下にしてボスを倒せるかの編成から、やはり基礎ステータスアップのためにレベル上げをすることを決意しました。

雑魚勢の状態異常や全体攻撃の高さ、特定メンバーの防御の低さ。これらを乗り切り、効率的にレベル上げをできる構成を考え中です。

基礎ステータスアップをできるBP制度を効率的に使えればいいんですが、取り返しのつかないBPを、平均値の底上げをするか、短所を補うか、長所を伸ばすか、どれにしようかの方針を決めることが出来ずじまいです。