futsuka のすべての投稿

アニメ「えんどろ~!」第3話「クエスト実習~!」

・まおちゃん先生がいない!
・猫探しのプロ
・食いしん坊イエロー

<まおちゃん先生がいない!>
前回まで勇者パーティーを勇者にしないように意気込んでいたいずれ魔法になるまおちゃん先生ですが、前回の最後にその決意を撤回することにしていました。そのためなのか今回はまおちゃん先生が出てきませんでした。諦めて相手にするのはやめてから悠々自適に過ごしているのでしょうか。それとも今回はたまたま授業ではなくクエスト実習のため姿を見せなかったのでしょうか。
<猫探しのプロ>
今回はクエスト実習ということで、ギルドの方から協力をいただいて、新人でも請け負えるような簡単なクエストをこなす実習のようです。渡されるクエストはランダムのようですが、引きの強い勇者補正がある主人公パーティー何連続も猫探しの依頼を引いてしまいます。
バトルとか手ごたえのあるクエストを請け負いたい彼女たちでしたが、これもクエストということで次第により効率的に猫探しができるように張り切って準備をしていきます。そして、猫探し準備万端の時に限って、まったくことなる討伐クエストを引き当てました。本来このような討伐クエストを期待していたのですが、猫探しクエストが続いていたせいで、逆に少し落胆指定してしいます。
ですが、その道中、迷子になってしまった猫を探して泣いている少女を見つけました。クエストではないですが、泣いている少女をほっとけない主人公パーティーはクエストではないですが、猫を探すことを請け負います。
クエストでない猫探しはより簡単に終わると思ったら逆に塔の最上階に捕らわれているという高難易度でしたが、彼女たちは無事少女から請け負ったクエスト(?)を完遂します。
<食いしん坊イエロー>
黄色は食いしん坊と戦隊ものでは言われていたような気がしますが、この主人公パーティの黄色はそのタイプだったようです。スキがないように見えて実はドジっ子の子が食料係だったのですが、ドジっ子を発動させ、食糧じゃないものを持ってきてしまっていました。腹が減って限界を超えたイエローは暴走を始めます。その暴走を一時的でもおさめるために、ドジっ子は自分のみみをしゃぶらせることになっていました。

戦闘シーンとかはありますが、日常系アニメですね。安心して笑って視聴できます。しかしながらまおちゃん先生がいなかったのはちょっと寂しかったです。前回の終わり方では勇者へはあきらめがついていましたが、学校には在籍するような雰囲気でしたが、気になります。

アニメ「ブギーポップは笑わない」第3話「ブギーポップは笑わない 3」

・モブ厳は当然
・悪人の死は無残
・第1章(?)完結

<モブ厳は当然>
物語の進行上邪魔になるのか、モブである宿直の先生は殺されてしまいます。この無残な殺人事件はどのように処理されているのでしょうか。そして、モブだけでなく、物語に進行に携わっているような人物まで死んでいっています。今回の死者は先生だけでなんとか収まりましたが、悪人を倒す多ためにいろいろと動いていた少女も一度殺されてしまっています。彼女の死に方は結構グロテスクで、カッターナイフで首筋を一文字カットですよ。現実にありそうでゾッとしました。ちなみに後で生き返ります。
<悪人の死は無残>
追い詰められた主人公サイドでしたが、辛くも勝利をおさめます。悪人は今回2人だったわけですが、悪人とその悪人を利用(?)していた悪人ですね。利用していた側は主人公サイドの必殺技ともいえるビーム的なものを受けてしまい、消失してしまいました。ビームの後に残っていたのは、焼け焦げていない人型の地面だけでした。これだけ彼はそのビームにより蒸発してしまったとわかります。
そして悪人の方ですが、主人公であるブギーポップによりつかまり、腕を切り落とされ、身動きの取れない状況で額に矢を打ち抜かれます。
<第1章(?)完結>
やっと第1話の時間より先に進んだ展開となりました。事件が解決したその後、ブギーポップに人格を乗っ取られていた彼女はやはり自覚がない感じでした。そして、今回悪人を倒すためにいろいろと動いていた彼女がブギーポップに乗っ取られていた女の子に接触をしました。自己紹介程度のあいさつに終わり、一つの物語が終わったんだなという風な締めくくりでした。

しかし、まさか悪人を倒すためにいろいろと動いていた少女が一回死んだときにはびっくりしました。こんなにも重要そうな人物殺しちゃうの!?ってびっくりしました。やはりこの世界は不思議な世界で、彼女がかくまっていた(?)エコーズという人物から命を分け与えられることで蘇生します。
この事件はこれで終わりのようですが、ブギーポップは新たな場所で新たな人にとりつくのでしょうか、それとも同じ人物たちを巻き込んで物語が展開していくのでしょうか。

アニメ「魔法少女特殊戦あすか」第3話「もっとひどい戦争」

・やっぱりグロいよ
・嫉妬深いナース系魔法少女
・プロフェッショナルな拷問

<やっぱりグロいよ>
銃を扱う魔法少女が、主人公がいるところとは違う場所で活躍していました。
彼女が放つ銃は被弾した相手の身体をはじけ飛ばすことができるようです。被弾した場所から半径50cm程度くらいは消失しており、もちろん被弾してしまった敵は生きてはいません。その威力は凄まじいうえに、サーモグラフィー的なゴーグルのおかげで、並みの銃ならばしのげるかもしれないテーブルに隠れた敵まるごと打ち抜いてしまいます。
<嫉妬深いナース系魔法少女>
主人公の魔法少女とは一番の仲であると自負したい魔法少女オーナースくるみ。前回転校してきてから主人公あすかの同級生に対してじわじわと私の方があすかさんと仲がいいアピールをしてきます。
悪質なものではないので、同級生は嫌がってはいませんが、結構嫉妬深かったのですね彼女。
たしかに、くるみちゃんはあすかちゃんに魔法少女に誘われたことで人生が一変したから、思い入れがあるのは当然だとは思います。
<プロフェッショナルな拷問>
第1話で主人公あすかによって拘束された囚人ですが、情報を聞き出すために拷問の真っ最中。
拷問を受けてきた彼は身も心もズタボロにされた感じが出ていました。
しかし、拷問をする側も慣れているのか、あれだけズタボロの姿になるまで生かさず殺さずにするのは難しいのではと思いました。間違えたら死んでしまうようなことまでやってのけたのではと思います。

今回、主人公あすかの同級生の元気で活発な女の子が誘拐されてしまいます。その女の子の父親は重要な人物のため人質としてとらえられたようです。無事に彼女は生還できるのでしょうか。いや、してほしいです。

アニメ「五等分の花嫁」第3話「問題は山積み」

・難易度高そうで実はチョロイン?
・コンタクトがないと見えない
・疑われる男の子

<難易度高そうで実はチョロイン?>
次の攻略対象は、ヤンデレっぽい子でした。実は一番難しそうに見えて実はチョロい子なのかもしれませんね。最後は当然一番最初にあった子が最高難易度で最終回当たりなんでしょうけど。
<コンタクトがないと見えない>
ヤンデレっぽい子はコンタクトがないと視力が良くないらしく、主人公の男の子を姉妹の一人と勘違いしてしまいます。背の高さや髪の長さとかでぼんやりでも見えるのではないのかなと思うのですが。
自分は裸眼のため、メガネやコンタクトレンズが必須の方の世界がどんなものかわかりませんが、そんなにもわからないほどの世界になってしまうのでしょうか。
ヤンデレっぽい子が裸眼だったのはシャワーを浴びて上がった直後だったためのようですが、そうなるとお風呂に入るときはいつも大変なのでしょうね。お風呂用メガネとかないのかな?
<疑われる男の子>
当事者の男の子以外は、状況証拠的にお風呂上がりのヤンデレっぽい子を盗撮に来たと疑ってしまいます。しかしその実は目がよく見えていないヤンデレっぽい子が棚の上から降り注いできた本たちからヤンデレっぽい子を守るために彼女の上に覆いかぶさったのです。
その瞬間に最初にあった女の子に目撃されてしまい、状況証拠として写真を撮られてしまいました。
そんな証拠を確保した彼女でしたが、彼が真実を話そうとする前に写真を今一度見改め、彼が彼女がけがをしないようにしたためそういう状況になったのではないかと推理して、その場はなんとか収まりました。

さすがにヤンデレっぽい子はこの前のヘッドホンの子のように純粋ではないようで、そして思うところがあって、まだ彼を受け入れるところまでには至らなかったようです。このままヤンデレっぽい子の攻略なのか、それともほかの子の攻略に向かうのか。または、最初から味方だった馬鹿の子がやっぱりいろいろあって攻略が必要になるのか。次回が気になります。

アニメ「バーチャルさんはみている」第3話「リア充爆発、ゴリラ爆走」

・まったり路線
・加藤一二三さん登場
・gdgdラップ

<まったり路線>
第1話から第3話までおなじ構成で進んでいます。どうやら笑う犬の冒険みたいな感じで、ショートストーリーでシュールなネタをやる感じですね。がっつり視聴するのではなくて、ゆるく視聴したい人向けのようですね。そうわかってくるとこの作品の魅力が見えてきたような気がします。
<加藤一二三さん登場>
シロさんがうんちくを話すコーナーがあります。場所としては居酒屋のカウンター席で、うんちくを話し始める前のカウントダウンの3のときにそのとき画面右端で飲んでいる客を映しているのですが、第1話では見知らぬおっさん。第2話では馬の顔をしたVTuberそして、第3話では将棋の加藤一二三さんが起用されていました。しかし、このお客さんはしゃべることなく、ただ呑んでいるだけです。なんと贅沢な起用の仕方でしょう(誉め言葉)
<gdgdラップ>
最後のコーナーでは主要なVTuberたちによるお便りのコーナーがあるのですが、それぞれラップをやるとのことで、すんなりできた子もいましたが、最後の月ノ美兎さんはめっちゃgdgdでした。けど、それがとても楽しかったです。意味は分からないのですが、「終わり、水割り、ソーダ割」とかとりあえず韻を踏んでいてすごかったです。

ゆるい感じでやっていくアニメで、お便りを出せたり、途中に入ってくる自分が作ったバーチャルさんを紹介できるコーナーなど、視聴者が参加できる番組になっています。視聴者のお便りを読んでくれるような番組なんて銀魂ぐらいしか私は思い当たるのがないので、貴重な番組だと思います。