「アニメ(第1話)」カテゴリーアーカイブ

アニメ「けものフレンズ2」第1話「きおくのかなた」

・つくも神タイプのセルリアン
・移動手段はモノレール
・これまでのきおく

<つくも神タイプのセルリアン>
前作のセルリアンは小型から大型のがいて、それぞれちょっと可愛かったり、異形のもの感がありましたが、今作では三脚付きのカメラで色もついた化物でした。ひと目で味方ではないと思わせるようなフォルムになっています。
<移動手段はモノレール>
今作の移動手段としてはモノレールが登場していました。行き先もサーバルちゃんが「次は◯◯ちほーだよ。」というのではなくて、モノレールの電光掲示板に行き先が表示されるようになっています。
<これまでのきおく>
サーバルちゃん一同は結局かばんちゃんを追っかけてしまっていましたが、今回の舞台はおなじくジャパリパークです。前作とは違う世界線なのでしょうか。サーバルちゃんもかばんちゃんのことはきおくのかなたに行ってしまったようで、彼女のうろ覚えな後ろ姿は出てくるようですが、それ以外のことは思い出せないようです。月日も結構経っているのでしょうか。となるとサーバルちゃん動物にしては長生きですね。

どうしても1期のことが頭から離れられず、ちょっと2期としてまだまだ世界に没頭できないですが、これまでかばんちゃんにあったほかのフレンズはかばんちゃんのことは覚えているのでしょうか。

アニメ「荒野のコトブキ飛行隊」第1話「月夜の用心棒」

・戦闘機アニメ
・陽気な雰囲気
・カメラワークがしびれる。

<戦闘機アニメ>
日常系のものかなーとタイトルを見て思っていたら、導入はおっさんたちのトランプゲームから始まり、荒くれ者たちの作品かなと思ったら、明らかに画のタッチが変わっている女の子たちが移り始めます。モブには3Dモデルがないタイプのモブには厳しい話みたいですね。そして彼らは早々に何名かこの世を去っていきます。うーん。モブ厳。
<陽気な雰囲気>
声優の藤原さんが副船長役であり、結構危うい場面でも緊迫した感じが無く、安心して見ていられます。
<カメラワークがしびれる>
3Dモデルの強みでしょうね。複数の戦闘機による空中戦があり、その視点は操縦席だったりして、まるでゲーム画面のようでかぶりつくようにその場面をみてしまいます。

主要なキャラクターたちは女の子たちですが、戦闘シーンは十分にあり、とても興奮してしまいます。

アニメ「デート・ア・ライブⅢ」第1話「七番目の精霊」

・女の子がたくさん
・選択肢の出現
・バトルもの

<女の子がたくさん>
Ⅲということで、第3期のアニメであるだけに、最初の置いてけぼり感が半端ないです。とりあえずは、主人公の男の子がいて、これまで敵だったのかもとから味方だったのか的な女の子が彼の家にたくさんいてちやほやされていてハーレム状態になっていることはわかりました。そして主人公の彼はこの状況に少々参っているような感じです。
<選択肢の出現>
味方になるだろう相手とのファーストコンタクトのときに出るのでしょうか、3択中から返答をしないといけないようで、しかもそれが司令室っぽいところからモニタリングできるどころか、手慣れた様子で多数決が行われていました。
<バトルもの>
女の子たちは精霊と呼ばれているみたいで、その身で戦うようです。今回は魔女姿の女の子が、戦闘機の女体化したような敵と戦っていました。彼女の力としては敵戦力のギャグ化といえばいいんでしょうか。爆弾が人参になったり、戦闘機少女たちがきぐるみパジャマっぽい姿になったりして無力化に近い状態にしています。

そんなに難しい世界観じゃなさそうなので、3期から見始めても大丈夫そうですね。主人公の男の子を中心とするドタバタコメディそしてちょっぴり真剣(?)な展開になりそうですね。

アニメ「盾の勇者の成り上がり」第1話「盾の勇者」 ​

・剣、槍、弓、盾の4勇者中最弱(という認識)
・笑いのない卑劣な展開
・勇者の盾

<剣、槍、弓、盾の4勇者中最弱(という認識)>
四聖勇者なる物語があり、その世界に主人公は召喚されてしまいます。その世界では剣、槍、弓、盾のそれぞれの武具を持った勇者により世界を救ってもらえる伝説があるらしく、その伝説に頼るため召喚の儀を行い、4人の勇者を召喚しました。4人共20歳前後の日本人ですが、もとの世界の日本もそれぞれ異世界らくし、微妙に歴史の内容が変わっているようです。主人公の彼だけ私達と同じ世界なのでしょう。そして、盾の勇者として召喚された彼はところどころ他の3人とは扱いがことなることに気づきます。彼自身、盾というのは武器でないため劣等感を持っていましたが、周囲の認識はもっとひどいものでした。勇者ではあるものの勇者どころか平民以下の冷遇をされることとなります。
<笑いのない卑劣な展開>
最初こそは異世界転生物として、主人公もまんざらでもなく世界を楽しんでいました。ただ、それは召喚からたった2日で崩されることとなります。どこまでか糸を引いていたのかわかりませんが、彼ははめられてしまいました。彼は犯罪者に仕立て上げられ、勇者でなければ極刑級の犯罪で、彼は人並みの扱いをしてもらえなくなりました。しかし、それでも救いはあるようで、彼の犯罪の片棒を担いでいたと思われていた武器屋の主人は白だったようで、事情を察した主人は無いよりマシだと布切れを餞別として渡します。しかし、勇者はただでもらう気はなく後日料金を払っていました。この武器屋の主人はこれからも協力してくれそうですね。
<勇者の盾>
勇者の盾はやはり特殊なようです。盾を外したくても外れないようで、もう片方の手に付け替える程度しかできないようです。しかし、その恩恵のためか、ザコ敵の噛みつき程度ならば盾以外の部分でもダメージを負うことは無いようです。これはかなりいいですね。彼にはある程度はヒーラーが不要になるみたいですから。そして、その盾の宝玉部分に敵の一部や薬草などを一定量取り込むことによってスキルの開放や、盾の形態変化をすることができるようです。しかしながら、攻撃力はからっきしで、武器を持とうにも盾の勇者のために違う武具の装備は禁じられているようで彼が武器を手にとろうとすると電撃が走り握ることができません。それでも、スキル開放により今後化けるのではと思います。これまでにも盾の勇者がいたのかもしれませんが、その彼らは盾に絶望したのでしょう。しかし彼の生きたい力は凄まじく、復讐心もあるでしょうから、盾だけにかなりの跳ね返りを復讐相手らに与えることでしょう。

俺TUEEEE系ではなく、タイトル通り本当に成り上がるようです。それがまさかどん底からの成り上がりとは想像していませんでしたが。おお。ここまで貶められてからのスタートかとゾクゾクするものがありました。彼を蔑んだ人々の手のひらがかえるときが楽しみですね。

アニメ「えんどろ~!」第1話「ろーる1 エンドロールにはまだ早い~!」

最初っからクライマックス!

勇者パーティー4人組でラスボス魔王との決戦より物語は始まります。

カードの力を使役して戦っています。

かわいい美少女4人によるバトルは可愛さが上回りそこまで緊迫感がありませんが、4人は本気そのものです。もうダメかもしれないというところで、勇者が決断をして、禁断の技を使います。

4人のカードを中央に高く掲げて魔法を使い、見事魔王を倒すことができました。禁断の技というわりには特にデメリット的なところはなく、失敗したら大変なことになるけど、成功したから問題なしということだったのでしょうか。

魔王をたおしたことにより、エンドロールが流れます。魔王討伐までの道のりの出来事が添えられてスタッフたちの名前が流れてきます。

そして、朝が来ました。魔王がいなくなった朝であるためか、それとももともとそのような正確なのか勇者は緩みきった感じで目を覚まし、学校へ向かいました。勇者としての役目を終えて、まだまだ若い勇者たちは学生生活へ戻ったのでしょうか。

授業が始まるやいなや、おじいちゃん先生が田舎に帰るとのことで、急遽変わりの先生が着任することになりました。

先生には角が生えています。先生の割にはとっても可愛らしい背格好です。本人としては可愛いとは思われたくないような表情をしています。といいますか、これ多分魔王かそれに関係しているものですよね。

ここで回想シーン。なんと最初に勇者たちが放った禁断の技は失敗に終わっていたのです。その失敗した内容とは、魔王の時間が巻き戻ってしまったのです。そして、魔王は巻き戻った時間を利用して、勇者が勇者となる前に勇者でなくしてしまうという計画を企てました。

おそらく容姿的にも現在の魔王の力ではザコ敵クラス相当なのか直接勇者に手をくださないみたいです。勇者を勇者でなくすために、まずは勇者が勇者になりたいと言っているのを否定します。魔王がいるから勇者であって魔王がいないときの勇者は無職であると言いつけます。

それに追い打ちをかけるべく、簡単なテストを全員に課しました。比較的簡単なダンジョンでもミッションです。他のグループは簡単にクリアしました。しかしながら勇者グループの際には魔王先生の操作により、高難易度といいますが、もうダンジョン外に出てしまって冒険してる感がありますが、クリアできないようにして落第させようとの計画が進行しました。

ですが、勇者たる素質は運命づけられているためか、ミッションのアイテムを獲得には至らなかったですが、勇者の剣を獲得することとなり、魔王先生の目論見は外れていしまい、勇者が勇者たることを決定づけるアイテムを獲得する手助けをしてしまうことになってしまったのです。

運命の結末は帰ることができず、魔王先生による計画は途方に終わり、勇者が勇者になったのは魔王のおかげのような展開になりそうですね。