「エガオノダイカ」カテゴリーアーカイブ

アニメ「エガオノダイカ」第3話「微笑みの兵士」

・描かれる敵
・敵視されている理由の一つ?
・全てが敵ではない

<描かれる敵>
第3話では敵の状況を知ることができる回でした。敵のことを知らなければ一方的に主人公サイドを応援できるのですが、そうはさせてくれないようです。敵にも敵なりの事情があるのでしょうが、粗暴な印象があります。しかし、オープニング映像に出てくるようなキーマンっぽいキャラは人間味のあるキャラクターのようです。時としてわざと悪ぶったりしますが、いい人たちのようです。戦争で生き抜くためにより多くの犠牲を出さないように彼らも彼らの敵である主人公サイドと戦争をしているようです。
<敵視されている理由の一つ?>
どうやら敵国より主人公サイドの国の方が豊かな国のようです。主人公サイドの国に潜入した際に、その国の豊かさに嫉妬しているように感じられます。そして、食料作成用かそれともエネルギーそのものの技術なのかわかりませんが、円筒状の大きい機械が登場します。敵国としても食料があることは不利であるので、食料プラントは破壊し、その食料を作成するために使用されていた円筒状の機械は強奪します。
<全てが敵ではない>
大人たちは警備兵や研究員も容赦なく銃で倒されてしまいます。しかしながら、冷酷になれない部隊のリーダーとオープニングにでてくるキーマンの女の子は恨まれながらでもこどもたちを救います。

主人公サイドと敵国サイド両方が描かれることで正義を主張するための悪がどこにあるのかがわからない状況です。この戦争に決着がつく頃には何人生き残ってくれるのでしょうか。

アニメ「エガオノダイカ」第2話「戦乱の真実」

早速牙をむき始めたようです。前回まではまだ楽しげな雰囲気でしたが。ついに戦争のシーンが描かれました。

ロボット同士の戦闘で中には人が入っています。その数はどちらもおおく、まさしく戦争となっています。

一国の王女の幼馴染君は気合と根性で激しい戦いに立ち向かっていきます。口先だけの勢い野郎かと思いきや、結構活躍をします。しかしながら仲間を助けるために彼は腹部に傷を負います。そのためここが死に場所だと悟った彼は、発動しなかった爆薬を手動爆破するために敵陣の先頭までいきその爆弾を銃で爆破させることにしました。

その爆破に巻き込まれて死ぬつもりだったようですが、助け返すように前回生意気だった二人の女の子の方が彼を助けました。彼は死に損なってしまったと言い、視聴者の私はホッとしました。

しかしそれも束の間。場所は変わり王女が急に秘書(?)に理由告げられずある場所へ向かうことになりました。これは戦争に負けて国を放棄する気じゃとひやひやしましたが、王女が車窓からみる国には変わりはありませんでした。

王女と秘書(?)は戦争の話を行く前にしていましたが、王女は無邪気に戦争の代価のことは若ていると答えました。秘書(?)は戦争をまだ知らない理解できていない返答だと感じたようでしたが、それ以上王女には戦争の悲惨さを伝えることはありませんでした。幼馴染が彼女の笑顔を守りたいために戦争の状況が危ういことを隠したように、秘書もそれを隠してしまった。もしくは、口で言っても理解できないだろうから、いずれわかるときがくるだろうと思ったのか。

そして、お出かけ程度と思っていた王女が到着したその場所には安らかに眠る幼馴染の姿がありました。その姿をみて王女は絶叫します。

やはり、くらいお話しになりそうですね。まさか第2話でしかもキーマンっぽいと思っていて死亡フラグをたててもへし折ってしまうと思っていた人物がなくなってしまうとは思っていませんでした。それに、今回の戦争では敵だけが敵ではなく、保守派の味方も敵であることが描写されていました。明快なストーリーではなく一波乱も二波乱もありそうな作品になりそうです。

アニメ「エガオノダイカ」第1話「ソレイユの少女」

ロボットもので戦争があっているようです。

タイトルがとても怖い感じですが、第1話はとても楽しげな感じでした。ただし、最後のシーンの国境つまりは戦争の最前線の映像が映し出されるまでは。

原作制作共にタツノコプロということで、期待しちゃいますね。シビれる王道に展開とかで最終回付近はかなり盛り上がってくれる感じなのでしょうか。

シミュレーションのステージに「TOKYO」の文字。「トクヨ」と呼んでいるらしく、だいぶ過去のものとされているようです。

文明が進んでいるかと思ったら、ロボットとかの機械関係はかなり発展していそうですが、街並みとしては今現在の文明よりちょっと前くらいかなといい感じです。

12才の王女ですが、両親である国王とその妃は国を救うために命を落としてしまったようです。

ですが王女はたくましく育っているようで、王女としての事務的な仕事はまだまだおろそかにしていますが、一国の主人であることは自覚しているようです。

状況判断能力も長けているようです。

王女に幼馴染が他国の人間に侮辱されたことで決闘を挑みます。

この侮辱は、他国の使いが「王女の器を確かめよ」と命じられての行動だったのですが、もともとの性格もあってか行き過ぎた言動であると王女の幼馴染は受け取ったものです。

決闘の方法としてシミュレーションによる戦闘で、リーダー機を含めた計5体の機体による編成で、リーダー機以外は遠隔操作で動くようです。

侮辱をした相手は二人で、王女の幼馴染は力の差を見せつけたくて、2対1と不利な条件で決闘を申し込んだようです。

これは王女の幼馴染が敗北して屈辱の表情を見せるのかなと思ったのですが、王女の幼馴染は焦って力技で行くような感じに見えましたが、ちゃんと計画は練っており、戦闘力も高めでした。

それでもやはり、2対1はきつく、相手の一人はリーダー機に、もう一人は戦闘機には乗らず状況分析や指示をしているようでした。

この決闘のことを聞きつけた王女は駆けつけて、2対2となるように、参戦しました。

王女の機転により決闘は王女の幼馴染の勝利に終わりました。

今のところはワクワクするような展開ですが、やはりタイトルが怖いところがあるので今後の展開がどうなるのか気になります。