「五等分の花嫁」カテゴリーアーカイブ

アニメ「五等分の花嫁」第3話「問題は山積み」

・難易度高そうで実はチョロイン?
・コンタクトがないと見えない
・疑われる男の子

<難易度高そうで実はチョロイン?>
次の攻略対象は、ヤンデレっぽい子でした。実は一番難しそうに見えて実はチョロい子なのかもしれませんね。最後は当然一番最初にあった子が最高難易度で最終回当たりなんでしょうけど。
<コンタクトがないと見えない>
ヤンデレっぽい子はコンタクトがないと視力が良くないらしく、主人公の男の子を姉妹の一人と勘違いしてしまいます。背の高さや髪の長さとかでぼんやりでも見えるのではないのかなと思うのですが。
自分は裸眼のため、メガネやコンタクトレンズが必須の方の世界がどんなものかわかりませんが、そんなにもわからないほどの世界になってしまうのでしょうか。
ヤンデレっぽい子が裸眼だったのはシャワーを浴びて上がった直後だったためのようですが、そうなるとお風呂に入るときはいつも大変なのでしょうね。お風呂用メガネとかないのかな?
<疑われる男の子>
当事者の男の子以外は、状況証拠的にお風呂上がりのヤンデレっぽい子を盗撮に来たと疑ってしまいます。しかしその実は目がよく見えていないヤンデレっぽい子が棚の上から降り注いできた本たちからヤンデレっぽい子を守るために彼女の上に覆いかぶさったのです。
その瞬間に最初にあった女の子に目撃されてしまい、状況証拠として写真を撮られてしまいました。
そんな証拠を確保した彼女でしたが、彼が真実を話そうとする前に写真を今一度見改め、彼が彼女がけがをしないようにしたためそういう状況になったのではないかと推理して、その場はなんとか収まりました。

さすがにヤンデレっぽい子はこの前のヘッドホンの子のように純粋ではないようで、そして思うところがあって、まだ彼を受け入れるところまでには至らなかったようです。このままヤンデレっぽい子の攻略なのか、それともほかの子の攻略に向かうのか。または、最初から味方だった馬鹿の子がやっぱりいろいろあって攻略が必要になるのか。次回が気になります。

アニメ「五等分の花嫁」第2話「屋上の告白」

第2話から一人ずつ攻略するような展開みたいですね。5つ子なので、何人かは攻略に数話消費しそうですね。

もともともっともお馬鹿さんの子は協力的だったので、残り4人で、今回の話ではヘッドホンの子が攻略対象のようです。

この子は戦国武将が大好きらしいのですが、それがわかっていることは恥ずかしいと思っているようです。そのため、5つ子に家庭教師役の男の子が口頭で問題を出したところみんな答えなかったのですが、タイトルに有るように、ヘッドホンの子はその男の子を屋上に呼び出し回答を伝えます。なぜに男の子なら勘違いしてしまうようなシチュエーションを選んだのか。そっちのシチュエーションになっていることよりも、戦国武将好きであることがわかってしまうのが恥ずかしいのかな。

ヘッドホンの子が戦国武将好きと知った男の子は、このネタで彼女に気に入れらようとし、今現在の知識で対抗しようとしましたが、気を許してくれたと思った最後の最後で男の子が知らない逸話が出されて、それに対応ができなかったために、拒否されます。

それでもなんとか見つけた糸口をつなぎとめるために、その逸話もろとも戦国武将の勉強をはじめました。なんとも凄まじいやる気ですね。彼女がコツコツと調べ上げた知識を数日かそこらで取り込もうとしているのですから。

知識をつけたところで再挑戦しようとするものの、ヘッドホンの子は逃亡を始めます。その道中に5つ子ネタがあり、お馬鹿な子の変装をしてやり過ごします。まだまだ5つ子達をみなれていない視聴者の一人である自分もこんな子もいたっけなと思いながら、その直後に本物が登場し、男の子はそこで気づくもついついボケて、お馬鹿な子に「アレはドッペルゲンガーだ。お前は死んでしまう。」といい、お馬鹿な子は正直に受け取り絶望します。

そんな茶番を入れながら、家庭教師役の男の子はヘッドホンの女の子に追いつき、身につけた戦国武将ネタでなんとかヘッドホンの子と和解することができました。

もともと5つ子ともいい子っぽいですからね。ひとりだけやんでいる感じの子がいましたが。

しかしながら、唯一男の子が答えられなかった逸話は図書館の本でしらみ潰しで探して見つけたものではなくって、あのオバカさんがスマホで調べてくれてでてきた情報らしく。情報を手に入れるものやはり金(端末代と通信料金)があったほうが早いようですね。ただ、その話の真偽の判断はいるのでしょうが、その逸話は諸説ある感じではなく、唯一の話だったのでしょう。

さあ、これで5人中2人が勉強に取り組むことになってくれました。

それに男の子は気づきました。5つ子の誰かができることはみんなできるというのがこの5つ子にはあるらしく。男の子が先日行った小テストでは5人あわせてやっと100点であったのですが、その正誤は全員ずれており、この5人が力を合わせ、お互いの長所と短所を補うことで化けるのではと。

次回は誰を攻略するんでしょうか。

アニメ「五等分の花嫁」第1話「五等分の花嫁」

貧乏な男子高校生と裕福な女子高校生のお話です。

五等分の花嫁と聞いて、一夫多妻制エンドとかになるのかなと思いましたが、ちょくちょく入ってくる未来と思われる花嫁姿の人がいました。

そこには一人しかいませんでした。

物語の展開的に、明確な関係性を持つ前に遭遇してしまうイベントが発生し、「あー!あんた!」「お前は!」みたいな導入っぽいですね。

まずは一人目と学食で遭遇します。彼女の方は学生服ではあるが、他校のもののようでした。主人公の彼は彼のルーティンがあるのか隅っこの方のいつもの定位置に席を取ろうとしましたが、他校に彼女もその席に座りたかったらしく、お互い譲らない状況となりました。その後どのようにしてそうなったのかはわかりませんが、たまたま二人掛けの机だったため、お互い譲れない気持ちの方が、男女で向かい合わせで座るという思春期ならば噂のマトになりそうな方を選択しました。

主人公の彼はいつも頼んでいるのであろう「焼肉定食焼肉抜き」という、ライス単品と同等の値段で味噌汁とかも食べられるというライフハック術。向かいの女子は、うどんにこれでもかというトッピングをしており、食べきれるのだろうかというてんこ盛りでした。

彼女が大食らいなのか、それとも見栄っ張りなのか、はたまた後先考えることができないのかはまだわかりません。

主人公の彼は食べる間も惜しんで勉強をしていました。学食のメニューと勤勉なところを見るに、学費免除のために勉学に励んでいるような印象を受けました。

しかし、これ見よがしに100点の答案用紙を机の上に置いており、それを彼女が見つけます。どうやら彼女の方は成績が良い感じではないらしく、勉強を教えてくれるように頼んでみますが、邪魔されたくない主人公は断るどころか、彼女の食事のメニューを見て、女性には言ってはならない言葉を言ってしまいました。

さあ、ここからが大変です。主人公の彼は家庭教師のバイトをすることになりました。最初の話では相場の5倍をもらえるバイトとのことで怪しさ満載でしたが、のちにその謎がわかるようです。そしてその家庭教師をする相手というのが暴言を吐いてしまった彼女でした。

家庭教師と生徒。雇い雇われの関係となることが判明した彼は(彼女はまだ主人公が家庭教師役とは知らない)なんとか彼女のご機嫌をなおすべく、接近を試みるもうまくいきません。

その道中、4人の同級生に絡まれることとなりました。1人目はおねぇさんキャラ。2人目はおバカキャラ。3人目はヘッドホンガール。そして4人目はヤンデレ(?)っぽそうでした。

そんなこんなで結局その日が家庭教師1日目なのですが、主人公は彼女の機嫌を損ねたまま、彼女の家についてしまいました。彼女の方は彼が家庭教師とは知らないのでハタから見ればストーカーさんです。

ついにはご機嫌を損ねたまま家庭教師であることを主人公は彼女に伝えました。

当然拒否反応を示しますよね。しかも彼女の家にはその道中に絡まれた4人もいました。そのうちの一人が私たちは友達じゃないとの発言があり、意味深だなと思っていたらば、なんと5つ子の姉妹だったようです。

外見は皆違いますが、表情を寄せれば似ているようです。

なんだかんだで最初にあった彼女は彼を認めぬまま、4人の家庭教師役としてやっと始まりましたが、誰も勉強を始めようとせず、お菓子パーティー状態。家庭教師をつけたくなるわけですね。

あまりの勉強の意欲のなさに面を食らっていた主人公のところにヤンデレっぽい子があなたは不要よ。とすすめてきた水を飲み干したところで主人公の視界はブラックアウト。目が覚めた時にはタクシーの後部座席で家の前でした。

切り詰めた生活をしている彼にタクシー代が払えるわけもないのですが、タクシーの助手席には最初にあった彼女が乗っていました。

ここから流れが変わる展開ですね。

主人公の妹が迎えに来て、その彼女を女の武器である涙で誘い出すことに成功しました。主人公の妹は純粋な子で計算しているではないようです。

健気な主人公の妹に家族の借金から解放したいと思ったのか、主人公が家庭教師となることを実質的に認めることにしたようです。

最後にまた未来のシーンとなり、花嫁は喋りますが、字幕であり誰の声かわかりません。顔まで写っていますが、髪型や服装を揃えられたらわからない程度には5つ子はそっくりなため、おそらく最初の子とは思うのですが、確定ではなさそうです。

5人の美人姉妹の家庭教師となった主人公。はたから見れば羨ましいハーレム状態ですが、女難の相があると診断されそうなくらい振り回されるのでしょう。

主人公の性格ですが、声を荒げるような感じはなく、冷静なツッコミが多く、声がイケボでした。