「アニメ」カテゴリーアーカイブ

アニメ「デート・ア・ライブⅢ」第2話「私を見つけられる?」

・四股デート
・男が混じっている
・執行される消失

<四股デート>
前回の魔女さん「七罪」によって、秘密裏に一人ひとりデートをして誰が七罪なのかを探すことになったようです。
一気に全員を集めて見つけ出すみたいなことはできない状況なのでしょうね。
しかし、悠長なことは言っておられず、早く見つけないと一人ずつ消されてしまっていくそうです。
それで初日は4人と時間をずらしてデートをすることになりました。作品タイトル通り、デートの言葉が何回も飛び交いますね。
みな、七罪と疑われてデートをしているとは思ってもおらず、デートの誘いを快く受けてくれているみたいですね。
とは言っても、デートの誘いをしているのは主人公の男の子ではなくて作戦指揮官(?)のようではあります。
<男が混じっている>
七罪によって入れ替わっている可能性がある子は一人男の子も混じっています。
この男の子ともデートをするんでしょうか。
いや、デートと言うか単に男友達同士でゲームとかして遊ぶっていうので友情を確かめあって七罪かどうかを判断すれば良さそうですね。
原作の小説や1期2期は未視聴なので、彼が主人公の男の子とはどういった関係性なのか。
ただ、標的の一人にされているということはそれなりに主人公の男の子にとって重要な人物の一人としては変わらないですよね。
<執行される消失>
今話の最後の方で、一人消されてしまいます。
七罪は消していくことは伝えていましたが、どのようにどの頻度でといったことまでは伝えませんでした。
そしてそれは初日から行われてしまいました。
日付が変わる瞬間に七罪は魔法を発動させて、一人消してしまいました。
これってなかなかにすごい魔法使っていますよね。
空の上から発動させて、特定の人物をホウキに吸い取らせていました。
もともと、ゲーム対象になっている人物に予め術式とかをかけているのでしょうか。
そして消し去っている間はどうしてるんでしょうか。
ホウキの中の空間に閉じ込められるのか、それとも牢獄っぽいところに入れられるのでしょうか。

最後は彼のナレーションでこの数日後、自分の無力さを思い知らされることとなった的なこと言ってますから、見つけられずに何日か立ってしまうのでしょうね。
主人公の男の子は一人ひとり消えていく悲しみに潰されながら、誰が七罪なのかを探すために彼女たちをデートをする。
ハーレムとはいえど、なんとも心苦しい状況になりますね。

アニメ「盾の勇者の成り上がり」第2話「奴隷の少女」

・つるはしは持てる
・奴隷との主従関係
・それなりに生活できている

<つるはしは持てる>
主人公は金を稼ぐために魔物が巣食っている炭鉱石のある場所へと行きました。そこで、炭鉱石を取得するためつるはしを使っていました。どうやらつるはしは武器認定されていないみたいですね。武器にしようとしたらできるのでしょうけど、この世界のルール的にはそうじゃないみたいですね。ゲームみたいな世界であることもあり、あるゲームでは武器として使えたりしますが、それはイベントモブキャラの装備品だったりしますし、武器ではなく単なる採掘道具としてしか使えなかったりするからですね。
<奴隷との主従関係>
奴隷商人から奴隷を買った盾の勇者。奴隷とは契約がなされており、主人の命令は絶対のようで、逆らおうとすると胸のところの印が反応してお仕置き的に従うまで電撃が走るようになっているみたいです。戦うことが嫌な奴隷少女を戦わせるために彼はモンスターを倒すことを強要します。これは武器を震えない彼、そして現在力のない彼女が生き抜くために必要なためなのでしょう。次第に彼女は自分で戦う意思を付けていきます。しかし、ある程度になるとしり込みしてしまいます。ですが、短いながら守りたいもの、そして、もう取り返せないけど守れなかったものと決別する多ためか、勇気を振り絞り彼女は剣をふるうことができるようになります。
<それなりに生活できている>
前回、性犯罪者に仕立て上げられ、後ろ指をさされることとなった盾の勇者。しかしながら彼も生き抜くために、太々しく生きています。結局事情を察知しているのは武器屋の主人だけでした。彼はまた武器屋の主人のところを訪れて、奴隷少女の装備を整えます。武器屋の主人とって盾の勇者はすっかりなじみの客となったような感じです。武器や以外でも彼は袖の下に従えている(?)魔物をちらつかせることでほかの店でも門前払いやぼったくリをされることなく、町で生活をすることができています。

盾の勇者として盾のスキルを上げていっていますが、スキルで薬の調合ができたり、ロープを出したりできるようになっています。ほかの勇者たちの武器はどのようなスキルが解放されて行っているのかはわかりませんが、冒険を進める際ではこれだけ多彩な芸を持っている盾の勇者は本来ならば重宝されるのではないかと思うのですが、これまでの盾の勇者も見た目で判断されて切り捨てられていったのでしょうか。

アニメ「えんどろ~!」第3話「クエスト実習~!」

・まおちゃん先生がいない!
・猫探しのプロ
・食いしん坊イエロー

<まおちゃん先生がいない!>
前回まで勇者パーティーを勇者にしないように意気込んでいたいずれ魔法になるまおちゃん先生ですが、前回の最後にその決意を撤回することにしていました。そのためなのか今回はまおちゃん先生が出てきませんでした。諦めて相手にするのはやめてから悠々自適に過ごしているのでしょうか。それとも今回はたまたま授業ではなくクエスト実習のため姿を見せなかったのでしょうか。
<猫探しのプロ>
今回はクエスト実習ということで、ギルドの方から協力をいただいて、新人でも請け負えるような簡単なクエストをこなす実習のようです。渡されるクエストはランダムのようですが、引きの強い勇者補正がある主人公パーティー何連続も猫探しの依頼を引いてしまいます。
バトルとか手ごたえのあるクエストを請け負いたい彼女たちでしたが、これもクエストということで次第により効率的に猫探しができるように張り切って準備をしていきます。そして、猫探し準備万端の時に限って、まったくことなる討伐クエストを引き当てました。本来このような討伐クエストを期待していたのですが、猫探しクエストが続いていたせいで、逆に少し落胆指定してしいます。
ですが、その道中、迷子になってしまった猫を探して泣いている少女を見つけました。クエストではないですが、泣いている少女をほっとけない主人公パーティーはクエストではないですが、猫を探すことを請け負います。
クエストでない猫探しはより簡単に終わると思ったら逆に塔の最上階に捕らわれているという高難易度でしたが、彼女たちは無事少女から請け負ったクエスト(?)を完遂します。
<食いしん坊イエロー>
黄色は食いしん坊と戦隊ものでは言われていたような気がしますが、この主人公パーティの黄色はそのタイプだったようです。スキがないように見えて実はドジっ子の子が食料係だったのですが、ドジっ子を発動させ、食糧じゃないものを持ってきてしまっていました。腹が減って限界を超えたイエローは暴走を始めます。その暴走を一時的でもおさめるために、ドジっ子は自分のみみをしゃぶらせることになっていました。

戦闘シーンとかはありますが、日常系アニメですね。安心して笑って視聴できます。しかしながらまおちゃん先生がいなかったのはちょっと寂しかったです。前回の終わり方では勇者へはあきらめがついていましたが、学校には在籍するような雰囲気でしたが、気になります。

アニメ「ブギーポップは笑わない」第3話「ブギーポップは笑わない 3」

・モブ厳は当然
・悪人の死は無残
・第1章(?)完結

<モブ厳は当然>
物語の進行上邪魔になるのか、モブである宿直の先生は殺されてしまいます。この無残な殺人事件はどのように処理されているのでしょうか。そして、モブだけでなく、物語に進行に携わっているような人物まで死んでいっています。今回の死者は先生だけでなんとか収まりましたが、悪人を倒す多ためにいろいろと動いていた少女も一度殺されてしまっています。彼女の死に方は結構グロテスクで、カッターナイフで首筋を一文字カットですよ。現実にありそうでゾッとしました。ちなみに後で生き返ります。
<悪人の死は無残>
追い詰められた主人公サイドでしたが、辛くも勝利をおさめます。悪人は今回2人だったわけですが、悪人とその悪人を利用(?)していた悪人ですね。利用していた側は主人公サイドの必殺技ともいえるビーム的なものを受けてしまい、消失してしまいました。ビームの後に残っていたのは、焼け焦げていない人型の地面だけでした。これだけ彼はそのビームにより蒸発してしまったとわかります。
そして悪人の方ですが、主人公であるブギーポップによりつかまり、腕を切り落とされ、身動きの取れない状況で額に矢を打ち抜かれます。
<第1章(?)完結>
やっと第1話の時間より先に進んだ展開となりました。事件が解決したその後、ブギーポップに人格を乗っ取られていた彼女はやはり自覚がない感じでした。そして、今回悪人を倒すためにいろいろと動いていた彼女がブギーポップに乗っ取られていた女の子に接触をしました。自己紹介程度のあいさつに終わり、一つの物語が終わったんだなという風な締めくくりでした。

しかし、まさか悪人を倒すためにいろいろと動いていた少女が一回死んだときにはびっくりしました。こんなにも重要そうな人物殺しちゃうの!?ってびっくりしました。やはりこの世界は不思議な世界で、彼女がかくまっていた(?)エコーズという人物から命を分け与えられることで蘇生します。
この事件はこれで終わりのようですが、ブギーポップは新たな場所で新たな人にとりつくのでしょうか、それとも同じ人物たちを巻き込んで物語が展開していくのでしょうか。

アニメ「魔法少女特殊戦あすか」第3話「もっとひどい戦争」

・やっぱりグロいよ
・嫉妬深いナース系魔法少女
・プロフェッショナルな拷問

<やっぱりグロいよ>
銃を扱う魔法少女が、主人公がいるところとは違う場所で活躍していました。
彼女が放つ銃は被弾した相手の身体をはじけ飛ばすことができるようです。被弾した場所から半径50cm程度くらいは消失しており、もちろん被弾してしまった敵は生きてはいません。その威力は凄まじいうえに、サーモグラフィー的なゴーグルのおかげで、並みの銃ならばしのげるかもしれないテーブルに隠れた敵まるごと打ち抜いてしまいます。
<嫉妬深いナース系魔法少女>
主人公の魔法少女とは一番の仲であると自負したい魔法少女オーナースくるみ。前回転校してきてから主人公あすかの同級生に対してじわじわと私の方があすかさんと仲がいいアピールをしてきます。
悪質なものではないので、同級生は嫌がってはいませんが、結構嫉妬深かったのですね彼女。
たしかに、くるみちゃんはあすかちゃんに魔法少女に誘われたことで人生が一変したから、思い入れがあるのは当然だとは思います。
<プロフェッショナルな拷問>
第1話で主人公あすかによって拘束された囚人ですが、情報を聞き出すために拷問の真っ最中。
拷問を受けてきた彼は身も心もズタボロにされた感じが出ていました。
しかし、拷問をする側も慣れているのか、あれだけズタボロの姿になるまで生かさず殺さずにするのは難しいのではと思いました。間違えたら死んでしまうようなことまでやってのけたのではと思います。

今回、主人公あすかの同級生の元気で活発な女の子が誘拐されてしまいます。その女の子の父親は重要な人物のため人質としてとらえられたようです。無事に彼女は生還できるのでしょうか。いや、してほしいです。