「WOLF_RPGエディター」カテゴリーアーカイブ

ゲーム「メリルのだいぼうけん!」

coinさん(https://twitter.com/c01n_coin
)のウディタゲームです。

可愛いペンギンさんがよちよち歩きしてきてオープニングクレジットから始まりました。

ボタンを押すと、おそらくこの物語の主人公と思われる可愛い女の子の色鉛筆で描かれた等身絵がありました。

それでは早速はじめから始めましょう。

メリルちゃんの目的は薬草の採取そして綺麗なお花のようです。

メリルちゃんは現在8歳で、5歳の時から母親とこの薬草の山にはきていたみたいです。

薬草をゲットしたメリルちゃんは帰路につきます。その道中で、彼女の個人的な目的だった綺麗なお花をゲットしたところで魔物に襲われます。

逃げ延びた先は喋れる竜がいる寝床でした。

どうもこの竜は優しいみたいで、小さな女の子の無知さ加減に会話がうまく成り立たず拍子抜けしているようです。

昼寝を邪魔されたくない竜は女の子をなんとかなだめて村まで送り届けるため、冒険が始まりました。

どうやら基本的には竜は最強みたいで、大抵の魔物は恐れをなして逃げ出すみたいなので、わざわざ戦う必要はないみたいです。

そして、戦闘になっても竜が盾になってくれるみたいです。なんとお人好しな竜なんでしょう。

早速シンボルエンカウント制のため、敵を発見したので近づいてみると、敵は隅っこの方へにへいきました。隅に追いやられて逃げ場をなくした魔物に接触し、戦闘開始となりました。

バトルシステム

基本的に竜がダメージを負担するようで、ふたりとも倒れたらゲームオーバーのようです。

短編RPGのためか既にスキルがあります。メリルちゃんはあざとい系のバフ系スキル。竜の方は強そうです。

行動パターンを決定すると何の行動を誰に対して使用するかがキャラクターのステータス画面上に追加されます。確認が容易ですね。このゲームでは二人だけですが、人数が増えてくるとこのシステムは助かりますね。同じキャラに回復魔法と回復薬を使ってしまう無駄がなくなります。

全員の行動パターンを決定したら、バトル開始!ボタンでそのターンのスタートです。

バトルはサクサクと進みました。これで小手調べができましたし、特に経験値とかなさそうなので、さっさと先に進みましょう。

メニュー画面にアイテム画面はありませんが、回収できるアイテムはあるみたいですね。

谷の入口を守るゴーレムさん。考え方が体と同様に固いけど、戦闘後お話を聞いてくれて、可愛いゴーレムさん。

谷に人間が入るのはNGだけど、谷の入口でゴーレムさんに会いに行くにはまんざらでもないようです。

ということで、サクッと村の入り口まで戻ってきて、竜さんとお別れをしてエンディングとなりました。

なぜか、お母様は竜さんのことをしているようでした。昔何かあったのでしょうか。

エンディング後におまけ部屋が用意されており、制作話を聞くことができました。現在のシステムになるまでのお話もあり、なるほどと思うこともありました。

それにしてもやはりキャラクターは生きているらしく、シナリオを書いている途中で性格が変わったりだとかあるんですね。

そしてスルーしていた雑魚戦ですが、面白い要素を聞いたので、早速リプレイして戦闘してみたら。これはたしかに面白いギミックでした。

ゲーム「アルセカ・ストーリー」(その5)

2019/01/17

リュミエール攻略!

ここ数日でレベル上げをしてカンストしてしまいました。

レベルを上げまくってボス戦を楽にと思っていましたが、そう簡単にはいきませんでした。

頭を使って装備やメンバーとBP分配を考えろと言うことですね。

そうです。BPですが、私の勘違いで、BPは自由に増減をし直せるみたいでした。

試行錯誤しましたが、攻略パーティーは、ふつか、スコットくん、ライナスくん、クリスさんでした。

ふつかはSP回復要員。スコットくんはデバフ要員。ライナスくんは弱点攻撃要員。クリスさんはHP回復要員でいきました。

属性対策も行なっていきましたが、それでも辛くも勝利を収めた感じでした。

これでやっと魔将軍の一人を倒しました。

これからも一度はやられてヒントをもらって対策して試行錯誤で魔将軍を攻略することとなると思います。

2019/01/19

クリア!

1体目の魔将軍を倒し、残りの魔将軍討伐に向かいました。

頑張って2体追加で倒して、合計3体の魔将軍の討伐をすることができましたが、残りの魔将軍は諦めました。魔将軍の討伐は必須ではなく、魔将軍を倒していない状態でもラスボスの女王討伐へ挑むことは可能です。

レベルはカンストのため、基礎ステータスをあげることができないため、一度やられてヒントを聞き出し、そのヒントに沿ったパーティーと装備品を~と考えて戦って~。どの魔将軍も強くて、もうまずHPが全然足りないです。HPにあまり余裕がなく、魔将軍戦は長期戦になってしまうので、かならず回復要因のクリスを入れなければ全滅必死だと思います。対策をできてもそれでも何度もトライして運に任せるような感じです。

また、魔将軍へたどり着くためにも、どのステージにおいても強い雑魚敵がウヨウヨしており、逃走が失敗した時加えて状態異常で行動できなくなった場合は結構数ターンで全滅するため、クイックセーブの繰り返しになります。またクイックセーブ分はロードすると消滅するため、クイックセーブを忘れてしまうとセーブポイントまでの苦労が気泡と帰します。

さすがに魔将軍討伐になってからは作業ゲーになってしまったので、コンプリートクリアは断念して、ストーリークリアを目指そうと思います。

魔将軍討伐で鍛えられた精神でいざ!女王討伐!

ワールドマップ片隅にある女王の城へ殴り込みじゃー!

魔将軍討伐過程で培った、ボス部屋までのクイックセーブ術。カンストしたから雑魚戦は全てスルー術。これらを駆使してボス部屋に到着!

きました来ました!ラスボス前の定番イベント「これから先、引き返すことはできません。セーブには十分気を付けてください」

セーブデータは全部で15個くらい保有できるので、気を付けながらセーブを行いました。定番イベントポイントを過ぎるとそこにもセーブポイントとそれから拠点にしかなかったはずのメンバー編成用のオブジェクトが設置されていました。さすがにお店はなかったです。

まずは小手調べとしてそのままのメンバー編成と装備で挑みました。ですが、小手調べと思っていましたが、第2形態まで進むことができました。やはり魔将軍はコンプリートゲーマー向けであって普通レベルのゲーマーが手を出せる領域ではなかったのか。

それでも一応ラスボス。対策しきれていない状態異常技に翻弄されてゲームオーバーとなりました。そこにあったヒントはいままでの魔将軍のものとは少し違っていました。

これはラストバトルなんだから消費アイテムは惜しみなく使え、そして頑張れ。と。

実は魔将軍戦で結構心えぐられていましたが、最後だから頑張れとのヒントで、これは何としてでもこの世界に平和をもたらせなければと奮闘することにしました。

最終メンバーとしては、ふつか、レオンくん、クリスさん、サリアさんです。

ヒントにあったように、火力のあるレオンくん、SPダメージを与えられるサリアさんを入れて、回復薬で必須のクリスさんで挑みました。

状態異常対策は万全にできるほどではありませんでした。装備品がまだ少ないからか、そういう調整の元なのかはわかりませんが、ラスボスに勝利したバトルでもやはり苦戦を強いられました。

ああ、もうだめだ。このままでは全滅してしまう。しかし、もしかしたらもう一歩なのかもしれない。ここは、背水の陣で行く!という状況になったのは回復役のクリスさんと準回復役のふつかがたおれ、レオンくんもサリアさんも1ターン攻撃を耐えられるかどうかでした。敵と味方のSPD関係上、メンバーの回復を図っても泥沼化は必至で、このままジリ貧になるよりかは、レオンくんの純粋なATKによる「三連撃」で賭けてみよう状況。これで勝てなければと思いながら行動決定ボタンを押しました。

1撃目「通常ヒット」

2撃目「MISS」

ああ。これでまた、やり直しか。いままでの「三連撃」も一発目は通常ヒットかクリティカルヒットでした。2,3撃目は通常ヒットかMISSでした。しかもこの戦いでは、MISSを3回中2回を出すこともあり、このままではそうなってしまうと思っていたところ。レオンくんはまだあきらめていませんでした。彼の天性の勘でしょうか。まさしく「背水の陣」引き返すことができず前に進むしかない。プレイヤーの私はやり直せるかもしれないが、今この戦場で戦っているレオンくん達はそのときのレオンくんたちなのだと。次は無いのだと。

そして振り下ろされた最後の一撃「クリティカルヒット!」

この世界の創造主の言葉「とにかく、一番大事なのは最後まであきらめないことです。」

この一番大事なことを忘れかけていた私にレオンくんは思い出させてくれました。彼はめげることなく頑張ったのです。

はいはい。脚色脚色っと。上記は内容(三連撃が決定打)としては誤りはありませんが、ラスボス戦だからちょっとドラマティックに脳内変換させていただきました。すみません。

まあ、そんなこんなで脳内変換を楽しみつつ。ついに!ラスボス戦で勝利をおさめました!

やはりラスボス戦は達成感がありますね。ラスボスに挑むためにレベルをあげたり、装備品を集めるたびに出たりした甲斐がありました。

コンプリートクリアにはかないませんでしたが、ここで私の旅は一旦幕引きといたします。時々ぼちぼちとプレイするかもしれません。またそのときは報告させていただきたいと思います。

ここまでプレイ日記をお読みくださりありがとうございました。

ゲーム「アルセカ・ストーリー」(その4)

coinさん(https://twitter.com/c01n_coin
)の作品です。

2019/01/13

トレジャーハント中です。

奥の扉のショートカット便利ですね。転移石だと、一度きりというか、任意の転移石を選ぶことができないので、その点、奥の扉は大変便利です。

さて、今は沼地の神殿へ来ています。謎解きギミックにはまってしまっています。

とあるダンジョンでは、Aキーによる相談でスコットくんがヒントくくれたのですが、今回は相談によるヒントはなしのようです。

その謎解き部屋に転移石があるので、メンバーを入れ替えて、レオンくん、ライナスくん、クリスさんを連れてきたのですが、誰もヒントくれないです。寂しいぜ。

ちなみにそのメンバー編成の際にレオンくん、ライナスくん、クリスさんのスキル確認を行いました。

クリスさんのみ蘇生術を持っているようですね。補助系も充実しているので、モンスター付き宝箱を制覇したらスコットくんとクリスさんの交代の可能性が濃厚です。

そして、これを書きながら思い出しました。お金ってどこで使うんだろうと思ったら、拠点のすぐ上の「知識に館」で使えるじゃん。本当にすっかり忘れてました。

「知識の館」に着きました。お薬タカイ。これは、クリスさんはやっぱり必須パーティーかな。

2次メンバー

全体攻撃要員で最初はサリアさんを入れていましたが、今はふつかもスコットくんもできるようになったし、クリスさんも使えるようだからサリアさんとクリスさんを入れ替えよう。サリアさんは幅広い属性魔法を使えるけど、見た目じゃ何の属性が有効なのかわからないのが結構いるし、覚えられないからメリットを使いこなせない。

これにより、戦闘が幾分かマシになるはず。火力上げには限界があるから、補助系統で長期戦に耐えうる感じにしないとやっていけない感じになってるしね。

装備品の見直しも行いました。

クリスさんはMAG特化。エマさんはATK特化。スコットくんはSPD特化。ふつかはDEF特化の装備にしてみました。

さてさて、沼地の神殿に戻りまして、思いつくパターンをやりまくって、やっと謎解きギミックを発動させることが叶いました。

その後もトレジャーハントを続けていましたら、ついに女王がいると思われるダンジョンに到着しました。そのダンジョンの最奥と思われる場所には、無限に使える回復ポイントがありました。

これは絶好のレベル上げポイントと思い、一戦ごとにかなりの手負いになるため、一戦ごとに回復してクイックセーブをしての繰り返しでレベル上げ中です。

2019/01/14

レベルも上がっていき、戦闘が楽になると思いきや、雑魚敵も段階ごとに強くなっていき、ついにはレベル上げゾーンと思っていた区画の魔物も一筋縄ではいかず、それどころか返り討ち食らうことになってきました。

まだ行っていないちほーのダンジョンでトレジャーハントを再開します。

さばくちほーから、かざんちほーにつながっているらしく、そこに見るからに怪しいものが立っていました。

どうやらスコットくんとゆかりがある魔物みたいです。

物は試しと、雑魚敵にやられるようなメンバーと装備構成のままバトルを挑みました。

ターン36。ふつかのマジカルヒール。スコットくんのイージス(魔法の盾)。エマさんの三連撃。クリスさんの回復魔法。長期戦により、勝利を得ることが叶いました。

さて、これで調子づいた私はほかの強そうな敵を倒しに行こうと意気込んだのですが、その強そうな敵に遭遇する前に、逃走を許さぬ雑魚勢にその出鼻を挫かれることとなりました。

その後、以下にしてボスを倒せるかの編成から、やはり基礎ステータスアップのためにレベル上げをすることを決意しました。

雑魚勢の状態異常や全体攻撃の高さ、特定メンバーの防御の低さ。これらを乗り切り、効率的にレベル上げをできる構成を考え中です。

基礎ステータスアップをできるBP制度を効率的に使えればいいんですが、取り返しのつかないBPを、平均値の底上げをするか、短所を補うか、長所を伸ばすか、どれにしようかの方針を決めることが出来ずじまいです。

ゲーム「アルセカ・ストーリー」(その3)

coinさん(https://twitter.com/c01n_coin
)の作品です。

2019/01/11

近くの森を攻略中なのですが、奥の方に進むと洞窟を発見しました。

もしかして、近くの森ってチュートリアル的なポジションじゃなくてれっきとしたダンジョンのひとつだったのかな。しかも、ダンジョン内ダンジョンがあるくらいだし。

とりあえず進められるところまで進めよう。

そろそろ体力も削られるようになってきたから、戦闘外で体力回復しようとヒールを使おうとしたらダメだった。キュア(状態異常治癒)は使えるみたいだ。

地道に歩いて回復するか。

罠付き宝箱

遂に洞窟内にて罠付き宝箱を発見しました。エマさんに確認されて、開けました。エマさんは開ける前に忠告されて、開けるか開けないかを決めなければならないようです。

エマさんによる解錠でも時には罠が作動する時があるのかな。

入っていたのは武器でした。

武器の装備ですが、固有装備ってほどまでではなく、ある程度の種類は各キャラクター装備可能でした。

今のところ物理攻撃はふつかとエマさんなので、強い武器はふつかとエマさんに優先的に装備します。防具関係は回復魔法を持つふつか。MAG補助系のはサリアさんに装備します。スキットくんはオールラウンダー気味で弱点もなければ強みもこれだというのが見つからず、装備品の優先順位が低いです。

ダンジョン内に調べるマーク

洞窟もだいぶ進んだところ、調べるマークを発見!

ダンジョン内でもあるんですね。ビクビクしながらクイックセーブをしてから、無事アイテムをゲットしました。

宣告耐性とやらがつくようで、まだよくわからないですが、ありがたく主人公に装備させておきます。

ダンジョン内ダンジョン内ダンジョン

ヤバイ。どんどんダンジョン内ダンジョンが。というよりも上下移動じゃないからわからないだけで、階層見たくなっているのかな。

「奥の扉」解放!

ダンジョンをひたすら進みまくっていたら「奥の扉を解放することに成功しました。

以降は奥の扉からダンジョン内で見つけた扉の位置まで行けるようです。

解放された扉はまだまだ最初の一つです。いくつかありそうなので、是非とも全ての扉を解放したいですね。

では今日はできるところまでシンボルエンカウント避けトレジャーハンタープレイをしてある程度で続きを明日にしたいと思います。

2019/01/12

ボス部屋?

森の中の洞窟の中の水辺のダンジョンを進んでいたらボス部屋っぽい部屋に到着しました。

セーブポイントと回復ポイントがある部屋で、保身のためセーブをして、「おなたが落とした斧は〜」とか言われそうなイベントポイントっぽいところに近づいたら、やはり遭遇してしまいました。

「海原の奏者メール」さん。「魔将軍が一」とか言ってるよ。ヤバイよ。めっちゃボスじゃん。

ごめんなさい。ごめんなさい。あなたを倒しに来たわけじゃありません(今は)。たまたまたどり着いちゃっただけなんです(トレジャーハントしていたら)。だから帰してください(宝を持ち帰りたいのです。)

あっ。ダメだ。この人、話し方は丁寧だけど結構好戦的だ。短い人生だったなー。

否応無しに戦闘開始と思いきや、逃走を選択できました。

話題「魔将軍」

話題が増えました。魔将軍についてです。

そろそろお家に帰って、この話題でみんなと情報を共有しましょう。

その前に、逃走可能ならば一戦交えてみましょうか。

うん。ダメだ。勝てねぇ。退却!

マップ作成

近くの森と思っていたところがとんでもないダンジョンだったので、後々のアイテム回収も考えて、マップを作成することにしました。

それによってまだ行けてない場所とかもわかるようになり、道中割れる岩があったので割っときました(フラグ)

新しい話題で、洞窟ダンジョン内の階段先にある、王の城なるダンジョンを発見しましたが、スタート位置は牢獄で、鍵あるため入れませんでした。その件についてに話題が追加されたようです。

王の城なるダンジョンは敵のシンボル的にアンデットの王様がいそうだね。

探索終わりました。近くの森から脱出しました。

なんだかんだでシナリオレベル5まで上がりました。序盤でここまでなるとは。

結構トレジャーハントで良質な装備品をゲットできているのが大きいですね。

近くの森以外もこんな感じだろうから、まずはいけるダンジョン行きまくってトレジャーハントしまくろうかな。

話題「魔将軍」

話をまとめてみると、どうやら魔将軍とやらは、精霊とかの概念に近そうですね。悪い奴らではないみたいで、この世を滅ぼさんとす女王とは別の存在みたいですね。魔将軍を倒せばそのご加護をお恵みいただけるんでしょうか。

それにしてもクリスさん物知りだな。魔将軍の名前全員覚えているって。

話題「王の鍵のありか」

部屋が一番近いエマさんに聞いてこの話題は終了。なんでエマさんが持ってるの!

これはイベントフラグでやっと見つけて、そして王の城にはすごいアイテムがある的な流れじゃない!エマさん!自分のワクワク感を返してよ!

一応みんなに話を聞き回ったら、獅子王の剣になるものがあるみたいです。これはゲットしに行かなきゃですね。

いくらか装備品をゲットすることができました。

そして王の城は近くの森の横の建物のことでした。どうやら裏口入門してしまったようです。

そして、王の城ダンジョンの奥にも新たなるダンジョンが待ち構えていました。

女王の従者

やばいよやばいよ勝てないよ。王の城の奥のダンジョンを進んでいたならば、女王の従者に遭遇してしまいました。

しかし、思いのほか、勝ててしまいました。状態異常系の技が通るとか結構助かる。

今日はお休みだったので、結構ダンジョン巡りできた感じです。

これからもトレジャーハントしまくって目指せ!魔将軍攻略です!

ゲーム「アルセカ・ストーリー」(その2)

coinさん(https://twitter.com/c01n_coin
)の作品です。

2019/01/09

長編RPGなので、記事を分けていきます。

メンバー編成!

  • HP部門1位:レオンくん(75)
  • SP部門1位:サリアさん(30)
  • ATK部門1位:レオンくん(9)
  • DEF部門1位:レオンくん&スコットくん(3)
  • MAG部門1位:サリアさん(9)
  • SPD部門1位:エマさん(11)

初期ステータスで見てみるとレオンくんが強そうに見えますね。前衛タイプと見て間違いなさそうです。次にサリアさんも自己紹介で行っていたように魔法系統が得意であることがわかりますね。わかりやすい数値としてDEFが最高値が3であることから、現在の推察だと、メンバー特徴としては

  • レオンくん:DEF3:大剣:前衛タイプ
  • スコットくん:DEF3:槍:不明
  • ライナスくん:DEF1:短剣:シーフ
  • エマさん:DEF1:斧:シーフ
  • クリスさん:DEF2:弓:不明
  • サリアさん:DEF2:杖:魔法使い

スコットくんとクリスさんはまだ特徴がつかめていないです。ですが、スコットくんはステータスが平均値が高めのように感じます。シーフの二人は当たらなければどうということはないと言わんばかりにSPDが高くDEFが低いです。武器はみんなバラバラで、固有武器になりそうですね。

とりあえず、特徴のつかめていないスコットくんとクリスさんそしてストーリー序盤では魔法は無駄遣いできないだろうから、前衛タイプのレオンくんを連れて行くことにします。罠付き宝箱を開ける要員のライナスくんかエマさんも連れていきたいところですが、ひとまずはスコットくんとクリスさんの特徴確認をします。

知識の館(part2)

メンバー編成して出直してきたよ。そしたら入口のお姉さんの会話内容が変わった。

どうやらAキーを押すことで同行中のメンバー一人ずつとその場にあった会話をしてくれるらしいの。

レオンくんとスコットくんは知識の館についてそれなりのアドバイスをくれたけど、クリスちゃんが難しそうな話をしてきた。ポヤポヤしている感じで実は色々と考えてたり知ってたりしているのかな。

ダッシュをしている全力少年を発見。どうやらダッシュシステムがあるのでそれを猛アピールしてくれていたみたい。ダッシュシステムは敵が出てくるところでは戦闘遭遇すると不利になるみたいだから状況判別してむやみやたらに走らないようにしなくちゃなのか。

全力少年の奥にいる人の話を聞いてみたら、やはり調べるマーク以外にもギミックが隠されているらしく、見つけ出せたら良いものが見つかるみたい。

その隣の女性は薬の調合をしてくれるみたいですね。後々自分でできるようになるのかな。それともお姉さんに一回一回お願いするスタイルかな。

下の部屋のお兄さんによるとダンジョンの回復ポイントは使用回数が限られている場合もあるらしい。よくレベル上げの時に回復ポイントを拠点にするんだけど、そう簡単にはさせねーよってことか。けど、歩数でHPとSPは回復するみたいで、それは助かる。

すげぇ。隣の部屋の女性の話では「シナリオレベル」というのがあるみたい。たしかにメニュー画面で気になってはいたんだけど、ストーリーの進行具合とは別で、メンバーの平均レベルで上がるらしくって、それによってメンバーの強化ができるようになる反面、敵も強くなるらしい。複雑そうだ。

同室の男性によると、ステータスでSPDとは別にAVOもあるみたい。確かavoid、回避のことだったかな。行動が早くても回避性能がダメダメだったら、道具による回復薬とかになっちゃうな。それに、状態異常多すぎぃー!探せばまだまだあるかもなって。これは状態異常回復役いないと難しい感じなのかな。よし!他にも話があったみたいだけど長いし難しくて頭には入らないからあとは実戦で困ってから確認しよう。

なにぃ。他の部屋の女性によると、脳筋プレイだとダメージが通らない敵が出てくるから、ちゃんと属性見極めて魔法で頑張りなさいと。まあ、その割合はそんな多くないだろうから、こちらもぶつかってからメンバー編成とかを見返せばいいや。

一番奥の部屋ではモンスターについて調べられるようでした。どうやらこの知識の館はチュートリアルとコレクションを兼ねているみたいですね。

さて明日はそろそろ実戦かな。

2019/01/10

近くの森

近くの森に入り、ついに敵に遭遇しました。

シンボルエンカウント制ですね。さっそくバトルをしてみようと思い、半透明な奴に近づいたら不意打ち判定を食らってしまいました。

レオンくんの初期スキルは「気合い溜め」SP消費がなく次のターンの攻撃力をアップさせるもののようです。今はこのスキルのみで効果はATK1.3+HIT+100なので、通常攻撃二回したほうがいいでしょう。1.3倍は中途半端で後のスキルとの組み合わせ次第かな。どうやら使用者個人のみの適用ですね。SP消費ないスキルだから贅沢は言えないか。

スコットくんは初期スキルなし。

クリスさんはヒールが使えるみたいですね。解説に基本的な回復呪文とあるようにバリエーションがありそうですね。ヒール役が魔法依存でクリスさんになるか、アイテムスピード依存でライナスさんかエマさんになるかってところですね。回復アイテムが安ければですね。

ここの森の敵たちはそんなに強くなさそうですね。

シンボルエンカウント制でHPとSPが歩数によって回復してくれるのはなんともありがたい。

レベルも現在は上がりやすいので、

とりあえずこの森の敵を一掃しよう。

そして時が経ち

すぐにレベルが上がり、スキルも増えてきました。

クリスさん以外もヒールを覚えましたが、現状の雑魚戦では使うことないですし、歩いて回復は本当に最高。

魔法も使ってみたいけど、全体攻撃できるのがいいな。そう考えるとサリアさんをメンバーに加えたいな。

サリアさんとクリスさんを入れ替えよう。

モンスター宝箱要員のレオンくんとスコットくんですが、レオンくんは固有スキルなのか、武器の持ち替えを戦闘中にできるみたいです。

とりあえずは、見た目槍使いの方が全体攻撃覚えそうなのでスコットくんを残して、レオンくんは外そうかと思います。

そして最後に罠付きに宝箱要員のライナスくんかエマさんですが、そうですねー。斧も短剣も1対1っぽいイメージがあるけど、斧の方がいいかな。なんかかっこいいし。ということで、エマさんを連れて行きます。

一次メンバー決定。

  1. ふつか(主人公)
  2. スコットくん(モンスター宝箱要員)
  3. エマさん(罠付き宝箱要員)
  4. サリアさん(転移要員)

以上の構成で進めていこうと思います。

メンバー編成でメンバーのレベルを確認できたけど、連れて行かなかったメンバーも一緒にレベルが上がるシステム助かる。

このメンバー連れて行きたいけど、レベルが低いからレベル上げからだなーって言う作業プレイの手間が省けるや。

さて、一次メンバーでの初戦闘。特筆すべきは、サリアさんの属性魔法の種類が多い!そして物理攻撃が敵に全然ダメージを与えられない!

一点集中キャラなんですねサリアさん。

サリアさんの攻撃を物理からスキル(魔法)攻撃にしたら結構ダメージが入る!

そして、この戦闘システムだと、前回の戦闘もしくはターンの各キャラの選択を記憶してくれてるからボタン押しっぱなしで同じ技を繰り広げられる!これは雑魚戦の連戦ではすごく助かるよ。

シナリオレベル2

ついにシナリオレベルシステムが始動しました。

シナリオレベルアップ直後にセーブができるみたいですね。

敵との戦闘でメンバーのレベルが上がり、そのレベルが一定値に達したのか、シナリオレベルが上がりました。

これにより、ステータスや特殊スキル取得のためのポイントが付与されました。

そして敵のレベルも上がったらしく、それは一目でわかるようで、同じシンボルだった敵が戦闘に入るといかつい敵が増えてきました。

ちなみにプレイスタイルとしてはポイントは温存派で、ここぞという時に割振り始めます。

ヤバイ。毒ヤバイ。結構体力持って行かれるし、戦闘が終わったら自動回復するわけじゃないのか。ひきづっちゃうのか。これは状態異常回復魔法を早く覚えたいところだ。

初の戦闘不能

シナリオレベルが上がり、脳筋プレイにリスクが出てきました。

まだ全滅したわけではなく、一人が戦闘不能になっただけです。戦闘終了後はHP1で復活できるみたいですね。

仲間を呼ばれた!

戦闘が長引くとなのか、戦闘中に敵が増えてしまいました。気をつけなければ、あとちょっとのところで倒せるってところで敵を呼ばれて全滅って展開にはならないようにしたい。

初の逃走

脳筋プレイ勢には毒は手厳しいぜ。体力がヤバ目で遂に「逃走」コマンドを発動しました。

遭遇したくなかったけど、うっかり遭遇してしまった敵でしたが、先制を取れたので、逃走したところ一発で逃げ切れました。不意を突かれていたら逃走が難しくなるみたいなので助かりました。

財宝を守りし者

宝箱に立ちはだかる異色の敵に接触したら、強すぎるからやめといた方がいいと言われたものの、ちょっとレベルが上がって強くなった気がして、そんな忠告を軽視したところボコボコにされてしまいました。

自分はあれですね。こんな性格だと、結構序盤でやられてしまうモブキャラ感が出てしまいますね。

なんとか「逃走」できたので、命からがら撤退しました。いつか必ずその財宝を手にするため戻ってくるかんな!

それにしても、結構この森深いな。セーブポイントもあったし、ここら辺でまた明日だね。