アニメ「ケムリクサ」第3話「Episode.3」

・毒(恋?)は次女にのみ効果的
・食糧?の摂取
・エンディング映像が示すもの

<毒(恋?)は次女にのみ効果的>
いまだに男の子に近づいたときに発症する症状が恋であるとは知る由もない次女さん。三女さんたちが彼に近づいてもその症状は現れず、次女さんは疑問に思ってしまいます。そして次女さんは自らを省みない男の子の善意にすこし心を許し始めているような気がします。
<食糧?の摂取>
3人姉妹たちはどうやら大量の水を摂取し、それで10日間は持つそうです。まるで植物ですね。といゆうより、そうなのでは。彼女たちは自分たちのことを”人”だと思っており、男の子は”人”ではないと思っています。そして男の子は彼女たちのようにはがぶがぶと飲んで貯蓄できるはずもなく、少し飲むだけで満足そうにするので、三女さんは不思議がります。そうなると男の子は水だけでは今後栄養失調になるでしょう。そうならないためか、発見したケムリクサが食べられそうな香りがするといって食べてしましまいます。彼は何となく、おいしそうに食べていますが、次女は三女にマネしないように言いつけます。”人”はケムリクサを摂取したらどうなるかわからないだからそうです。
<エンディング映像が示すもの>
これまでと違うエンディングが流れ。その映像は、今回の話で見えてきた、彼が来るまでの彼女たちの人数とその命が散っていった順番を示すものでした。ドキドキしながら見るエンディングとなりました。男の子と思われる異色のシルエットが登場したところでエンディング映像はストップしました。もしもこれが先に進んで誰かのシルエットが散ったとしたらとハラハラしました。

三女たちは増えることができるといっていましたが、無機物の”新しいもの”を一定量摂取することで、増えることができるようです。そして、摂取したものはスカートから出現させることができるみたいです。水を得たことで新しい島に到着することができましたが、スペースシャトルのある遊園地って、閉園してしまったスペースワールドじゃないのかな。もしかして今後も新しい島に行くときには、現代では役目を果たした施設等が出てくるわけじゃないですよね。

アニメ「ドメスティックな彼女」第3話「やっぱり、ホントなんですか?」

・妹かわいい
・ドメスティック(ビンタ)
・都合の良すぎる友人

<妹かわいい>
義理ですが、妹可愛すぎるだろ!こんな血のつながっていない妹がいるとか主人公が羨ましい。今回、義妹のむくれ顔を見ることができます。ほっぺたをぷくーと膨らまして怒ったような不服そうな表情です。同級生となった主人公の男の子と女の子ですが、お互いがお互いに兄と姉と思っていたようです。同級生ですからね、詳しくは確認せず、できればそれぞれ上に立ちたかったのでしょう。はっきりさせるべくお互いの誕生日を言い合います。女の子は9月生まれ、男の子は7月生まれのため、兄と妹で確定しました。
<ドメスティック(ビンタ)>
あろうことか叶わぬ恋と思っていたのが、感情が高ぶってしまい、先生であり義理の姉となった意中の女性に突然キスをしてしまいました。状況的にはなくはない状況ではありました。それに姉の方もまんざらでもないようで、しっかりとそのキスを受け止めて、そしてビンタをかまします。これか。これがドメスティックなのか。そしてまたディープキスを仕掛けます。しかしそれは、姉の方が大人であり、男の子の方はまだまだ子供であることを思い知らせるための行動でした。ですが、本当は姉も自分を大人だと思い込ませるための行動だったのかもしれません。
<都合の良すぎる友人>
他校に通う友人がとてもいいやつです。完全に美少女ゲームで主人公の親友ポジションの典型ですね。家出してきた男の子を泊めてあげます。しかし驚きなことに、彼は一人暮らしではなく、団地で母親と妹と暮らしているようです。こちらの妹さんは、こう、表現に困りますが、美少女ゲームでは攻略対象とはされないようなモブ的なキャラクターのようです。そして母親もさすが親友の母親なだけはあるような感じで、寛大な心をお持ちのようです。

第3話にきてタイトルである”ドメスティック”な部分が垣間見えたのかなと思います。それにしても妹がとてもいいキャラです。この作品でこの義妹さんが一番好きです。

アニメ「約束のネバーランド」第3話「181045」

・ママさん補佐の思惑
・フルスコアの実力
・内通者

<ママさん補佐の思惑>
新しく入ったママさんと思ったようですが、”ママ”になれるのは各施設一人ずつらしいですね。そのため、補佐役の女性はいずれ私がママになると一人になったときに言っています。オープニング映像の印象だと、内情を知らない純粋な人かなと思っていたのですが、ばっちりと内情を知っているどころか、この女性も通常の思考とは違うところがあります。赤ちゃんに見立てたボロボロの人形をあやしたりしています。怖いです。しかし、ママさんの部下でありますが、そうそうに下克上をもくろむたくましい人です。
<フルスコアの実力>
全員逃走を実現するために、自分で走れる子たちは自分で逃げ切れるように、鬼ごっこと称して、フルスコアの子たちが逃走テクニックを教えます。これまでは鬼ごっこを有利に進めるため、それぞれ自分たちだけのテクニックとしていたものでしょう。しかし、それを年下の子たちに教えることとなりますが、特に年下の子たちは怪しむことなく、むしろ楽しんで逃走技術を身につけていくことになりました。
そして、ママさんの補佐役の女性がそれを見て今後のためでしょうか、鬼ごっこの鬼役をかってでます。この補佐役は早々にこどもたちの特徴を把握しており、この女性自身の身体能力が高めで次々と子供たちを捕まえてしまいます。
しかしながら、約束の20分で、頭脳明晰な男の子とそれに準じる男の子二人を捕まえることまではかないませんでした。その際に補佐役の女性はフルスコアの子どもたちに少々畏怖の念を抱きます。
<内通者>
メガネ少女がめちゃくちゃ怪しい!ちょっと下を向いたらメガネが反射して目が見えなくなる表現とか完全に疑わしい人じゃないですか。主人公の女の子はそうとは知らず、メガネ少女の前で本来必要のない動きをしてしまいます。そしてその後、頭脳明晰な子曰く、ママさんの監視の目が薄くなったとのことですが、それはつまり、監視の必要性が減ったということで、そうするために内通者を作ったと結論づけました。その考えが間違っていなければ、メガネ少女はどのような脅しをかけられているのでしょうか。内通者となってしまったメガネ少女は最後まで生き抜くことはできるのでしょうか。

ママさんの補佐役の方が入ることにより、ママさんとの会話が発生し、それによりママさんサイドがどの程度状況を把握して行動しているのかがわかるようになりました。
各話のタイトルですが、121045→131045→181045となっています。これは日付かな?1945年の10月12日から第3話では10月18日。もしそうであるならば、2カ月で出荷のため、121245の話の時に次の子が出荷されてしまうのでしょうか。

アニメ「エガオノダイカ」第3話「微笑みの兵士」

・描かれる敵
・敵視されている理由の一つ?
・全てが敵ではない

<描かれる敵>
第3話では敵の状況を知ることができる回でした。敵のことを知らなければ一方的に主人公サイドを応援できるのですが、そうはさせてくれないようです。敵にも敵なりの事情があるのでしょうが、粗暴な印象があります。しかし、オープニング映像に出てくるようなキーマンっぽいキャラは人間味のあるキャラクターのようです。時としてわざと悪ぶったりしますが、いい人たちのようです。戦争で生き抜くためにより多くの犠牲を出さないように彼らも彼らの敵である主人公サイドと戦争をしているようです。
<敵視されている理由の一つ?>
どうやら敵国より主人公サイドの国の方が豊かな国のようです。主人公サイドの国に潜入した際に、その国の豊かさに嫉妬しているように感じられます。そして、食料作成用かそれともエネルギーそのものの技術なのかわかりませんが、円筒状の大きい機械が登場します。敵国としても食料があることは不利であるので、食料プラントは破壊し、その食料を作成するために使用されていた円筒状の機械は強奪します。
<全てが敵ではない>
大人たちは警備兵や研究員も容赦なく銃で倒されてしまいます。しかしながら、冷酷になれない部隊のリーダーとオープニングにでてくるキーマンの女の子は恨まれながらでもこどもたちを救います。

主人公サイドと敵国サイド両方が描かれることで正義を主張するための悪がどこにあるのかがわからない状況です。この戦争に決着がつく頃には何人生き残ってくれるのでしょうか。

アニメ「上野さんは不器用」第3話「実験その5「キルトハイド」/実験その6「ガラクたん」」

・無垢が証明された男の子
・異性であることは意識できているらしい

<無垢が証明された男の子>
実験その5の装置は、覗き魔対策アイテムのようで、いやらしい目で見ようとしたときに、あの有名な謎の光が発生する装置のようです。そのアイテムの実証をしようと、そのアイテムを受け取りに来た水泳部員は、発明家の女の子の意中の男子の前でおもむろに服を脱ごうとします。発明家の女の子はそれを阻止しようとしますが、それもむなしく裸になってしまいます。しかしながら、彼女をいやらしい目で見ようとしているものはその場にはいないようで、第1話で出てきた暗黒物質によって規制する装置のほうが有効となっています。その暗黒物質に興味が惹かれた男の子は裸になった女の子を胸を突いてしまいます。さすがに女の子はそこに関しては恥じらいがあるようでした。それでも謎の光さんが発生することはありませんでした。
<異性であることは意識できているらしい>
実験その6では、発明家の女の子は、間接キッスをもくろんでいましたが、それは女子は嫌がるでしょうと男の子がわから拒否をします。そうじゃない証明のために男の子は自分が口をつけたペットボトルを女の子に差し出し、女の子の方はチャンスが到来しましたが、やはり不器用です。緊張しすぎてペットボトルを床に落としてしまいました。

男の子はなんともうらやまs…、けしからん状況にいながら劣情をもよおさんとは、これが真の草食系男子か。いや、系ではなく草食男子そのものだ。発明家の女の子の方は牙を剥くものの空回りばかりのようですけどね。

ウディタゲームのブログ