「ひわいぃ」タグアーカイブ

アニメ「デート・ア・ライブⅢ」第1話「七番目の精霊」

・女の子がたくさん
・選択肢の出現
・バトルもの

<女の子がたくさん>
Ⅲということで、第3期のアニメであるだけに、最初の置いてけぼり感が半端ないです。とりあえずは、主人公の男の子がいて、これまで敵だったのかもとから味方だったのか的な女の子が彼の家にたくさんいてちやほやされていてハーレム状態になっていることはわかりました。そして主人公の彼はこの状況に少々参っているような感じです。
<選択肢の出現>
味方になるだろう相手とのファーストコンタクトのときに出るのでしょうか、3択中から返答をしないといけないようで、しかもそれが司令室っぽいところからモニタリングできるどころか、手慣れた様子で多数決が行われていました。
<バトルもの>
女の子たちは精霊と呼ばれているみたいで、その身で戦うようです。今回は魔女姿の女の子が、戦闘機の女体化したような敵と戦っていました。彼女の力としては敵戦力のギャグ化といえばいいんでしょうか。爆弾が人参になったり、戦闘機少女たちがきぐるみパジャマっぽい姿になったりして無力化に近い状態にしています。

そんなに難しい世界観じゃなさそうなので、3期から見始めても大丈夫そうですね。主人公の男の子を中心とするドタバタコメディそしてちょっぴり真剣(?)な展開になりそうですね。

アニメ「五等分の花嫁」第1話「五等分の花嫁」

貧乏な男子高校生と裕福な女子高校生のお話です。

五等分の花嫁と聞いて、一夫多妻制エンドとかになるのかなと思いましたが、ちょくちょく入ってくる未来と思われる花嫁姿の人がいました。

そこには一人しかいませんでした。

物語の展開的に、明確な関係性を持つ前に遭遇してしまうイベントが発生し、「あー!あんた!」「お前は!」みたいな導入っぽいですね。

まずは一人目と学食で遭遇します。彼女の方は学生服ではあるが、他校のもののようでした。主人公の彼は彼のルーティンがあるのか隅っこの方のいつもの定位置に席を取ろうとしましたが、他校に彼女もその席に座りたかったらしく、お互い譲らない状況となりました。その後どのようにしてそうなったのかはわかりませんが、たまたま二人掛けの机だったため、お互い譲れない気持ちの方が、男女で向かい合わせで座るという思春期ならば噂のマトになりそうな方を選択しました。

主人公の彼はいつも頼んでいるのであろう「焼肉定食焼肉抜き」という、ライス単品と同等の値段で味噌汁とかも食べられるというライフハック術。向かいの女子は、うどんにこれでもかというトッピングをしており、食べきれるのだろうかというてんこ盛りでした。

彼女が大食らいなのか、それとも見栄っ張りなのか、はたまた後先考えることができないのかはまだわかりません。

主人公の彼は食べる間も惜しんで勉強をしていました。学食のメニューと勤勉なところを見るに、学費免除のために勉学に励んでいるような印象を受けました。

しかし、これ見よがしに100点の答案用紙を机の上に置いており、それを彼女が見つけます。どうやら彼女の方は成績が良い感じではないらしく、勉強を教えてくれるように頼んでみますが、邪魔されたくない主人公は断るどころか、彼女の食事のメニューを見て、女性には言ってはならない言葉を言ってしまいました。

さあ、ここからが大変です。主人公の彼は家庭教師のバイトをすることになりました。最初の話では相場の5倍をもらえるバイトとのことで怪しさ満載でしたが、のちにその謎がわかるようです。そしてその家庭教師をする相手というのが暴言を吐いてしまった彼女でした。

家庭教師と生徒。雇い雇われの関係となることが判明した彼は(彼女はまだ主人公が家庭教師役とは知らない)なんとか彼女のご機嫌をなおすべく、接近を試みるもうまくいきません。

その道中、4人の同級生に絡まれることとなりました。1人目はおねぇさんキャラ。2人目はおバカキャラ。3人目はヘッドホンガール。そして4人目はヤンデレ(?)っぽそうでした。

そんなこんなで結局その日が家庭教師1日目なのですが、主人公は彼女の機嫌を損ねたまま、彼女の家についてしまいました。彼女の方は彼が家庭教師とは知らないのでハタから見ればストーカーさんです。

ついにはご機嫌を損ねたまま家庭教師であることを主人公は彼女に伝えました。

当然拒否反応を示しますよね。しかも彼女の家にはその道中に絡まれた4人もいました。そのうちの一人が私たちは友達じゃないとの発言があり、意味深だなと思っていたらば、なんと5つ子の姉妹だったようです。

外見は皆違いますが、表情を寄せれば似ているようです。

なんだかんだで最初にあった彼女は彼を認めぬまま、4人の家庭教師役としてやっと始まりましたが、誰も勉強を始めようとせず、お菓子パーティー状態。家庭教師をつけたくなるわけですね。

あまりの勉強の意欲のなさに面を食らっていた主人公のところにヤンデレっぽい子があなたは不要よ。とすすめてきた水を飲み干したところで主人公の視界はブラックアウト。目が覚めた時にはタクシーの後部座席で家の前でした。

切り詰めた生活をしている彼にタクシー代が払えるわけもないのですが、タクシーの助手席には最初にあった彼女が乗っていました。

ここから流れが変わる展開ですね。

主人公の妹が迎えに来て、その彼女を女の武器である涙で誘い出すことに成功しました。主人公の妹は純粋な子で計算しているではないようです。

健気な主人公の妹に家族の借金から解放したいと思ったのか、主人公が家庭教師となることを実質的に認めることにしたようです。

最後にまた未来のシーンとなり、花嫁は喋りますが、字幕であり誰の声かわかりません。顔まで写っていますが、髪型や服装を揃えられたらわからない程度には5つ子はそっくりなため、おそらく最初の子とは思うのですが、確定ではなさそうです。

5人の美人姉妹の家庭教師となった主人公。はたから見れば羨ましいハーレム状態ですが、女難の相があると診断されそうなくらい振り回されるのでしょう。

主人公の性格ですが、声を荒げるような感じはなく、冷静なツッコミが多く、声がイケボでした。

 

アニメ「ドメスティックな彼女」第1話「ここであたしと、してくんない?」

タイトルからして健全アニメ方面ではなさそうです。

冴えない高校デビュー男子高校生が主人公のお話です。いきなりこの主人公がDTを捨てたところから入ります。

DTを捨てた相手は、誘われた合コンで出会った女の子。お互い好き同士でも何でもなく、それが故に女の子の方からそのお誘いがあり、男の子はそれに同意したわけです。

女の子は尻軽というわけではなく、周りから子供扱いされたくないと、背伸びをする気持ちでことに至ったようです。冷めた感じの印象があり、恥じらうような描写もなく、これっきりの関係だと男の子とは別れました。

この男の子は好きな女性がいるにもかかわらず、見ず知らずの他校の同級生としてしまったわけです。そしてそのことを信頼をおける親友に報告することとなったのですが、そのことでこの男の子の好きな女性が見えてきたのですが、どうやら学校の先生らしいです。

その先生には彼氏がいるという噂があり、叶わぬ恋と思っていたフシもあるのでしょう。そのため、雰囲気にのまれたこともあるのでしょうが、据え膳食わぬは男の恥とやらになったわけですね。

意中の先生と男の子はまったく関係性がないわけではないようで、雑談とかもするような中のようで、遠くから見ています的な感じとは違いました。

はい!ここで話が急展開!主人公の男の子と、他校の同級生と、意中の先生が義理のきょうだいになってしまいました。

主人公の男の子は父親との二人暮らしで、母親は他界しておりました。そして、他校の同級生と意中の先生は姉妹で、その父親は出ていってしまい、母親との3人ぐらしをしていたようです。

主人公の父親が再婚したいとの話しで紹介したい人がいるとの展開となり、おっと、これは意中の先生が再婚相手でどろどろしたような話になるのかなと思いましたが、そうはなりませんでした。さすがに年の差がありますしね。

それでも、やはり急展開ですね。意中の先生と義理のきょうだいとなり、ますます先生とお付き合いしたいとの夢は遠ざかってしまったのですから。世間的にはアレなんでしょうけど、法律的にはセーフ?

そのうえ、一晩限りの関係だった他校の同級生も義理の兄弟になってしまったんですから、これはとてもとても気まずいですね。

他校の同級生は二人きりになれた瞬間に、あれは一晩限りのことであることを改めて忠告しました。

そして、意中の先生は家ではだらしない性格だったようで、風呂上がりに肩掛けタオルにパンツ一丁でリビングに登場してしまい、母親に怒られます。タンクトップと短パンを履いて下着を隠していますが、肌の露出が多く、主人公にはとても刺激的な格好であり、肩掛けタオル姿とあまり変わらない印象のようです。

そして、先生はビール缶を何本も飲み、リビングのソファーでだらしなく寝ています。主人公だけでなく義理の父親とも一緒に生活をしているのになんとだらしない。しかし、主人公はそんなだらしなくソファーで寝てしまっている先生の唇に惹かれてしまいます。彼氏がいるとの噂もあり、家族になってしまって、おつきあいするとの夢は夢で終わってしまうと思い、その夢を終わらせるため主人公は先生の唇をじっと見つめて、寝ている先生にキスをしようとします。

これは展開的に先生起きてしまうか、寝言とか寝返りとかで失敗に終わるやつかなと思っていましたら、そうでした彼女の存在を忘れていました。他校の同級生です。バッチリ現場を見られてしまい、主人公のキスは失敗におわります。

ここでエンディングが流れ、さて、主人公が寝ている姉にキスをしようとしているのを見て、彼女はどうするのか。どう思ったのか。女なら誰でも良かったのね。見たいなかんじになるんでしょうか。