「日常系」タグアーカイブ

アニメ「えんどろ~!」第1話「ろーる1 エンドロールにはまだ早い~!」

最初っからクライマックス!

勇者パーティー4人組でラスボス魔王との決戦より物語は始まります。

カードの力を使役して戦っています。

かわいい美少女4人によるバトルは可愛さが上回りそこまで緊迫感がありませんが、4人は本気そのものです。もうダメかもしれないというところで、勇者が決断をして、禁断の技を使います。

4人のカードを中央に高く掲げて魔法を使い、見事魔王を倒すことができました。禁断の技というわりには特にデメリット的なところはなく、失敗したら大変なことになるけど、成功したから問題なしということだったのでしょうか。

魔王をたおしたことにより、エンドロールが流れます。魔王討伐までの道のりの出来事が添えられてスタッフたちの名前が流れてきます。

そして、朝が来ました。魔王がいなくなった朝であるためか、それとももともとそのような正確なのか勇者は緩みきった感じで目を覚まし、学校へ向かいました。勇者としての役目を終えて、まだまだ若い勇者たちは学生生活へ戻ったのでしょうか。

授業が始まるやいなや、おじいちゃん先生が田舎に帰るとのことで、急遽変わりの先生が着任することになりました。

先生には角が生えています。先生の割にはとっても可愛らしい背格好です。本人としては可愛いとは思われたくないような表情をしています。といいますか、これ多分魔王かそれに関係しているものですよね。

ここで回想シーン。なんと最初に勇者たちが放った禁断の技は失敗に終わっていたのです。その失敗した内容とは、魔王の時間が巻き戻ってしまったのです。そして、魔王は巻き戻った時間を利用して、勇者が勇者となる前に勇者でなくしてしまうという計画を企てました。

おそらく容姿的にも現在の魔王の力ではザコ敵クラス相当なのか直接勇者に手をくださないみたいです。勇者を勇者でなくすために、まずは勇者が勇者になりたいと言っているのを否定します。魔王がいるから勇者であって魔王がいないときの勇者は無職であると言いつけます。

それに追い打ちをかけるべく、簡単なテストを全員に課しました。比較的簡単なダンジョンでもミッションです。他のグループは簡単にクリアしました。しかしながら勇者グループの際には魔王先生の操作により、高難易度といいますが、もうダンジョン外に出てしまって冒険してる感がありますが、クリアできないようにして落第させようとの計画が進行しました。

ですが、勇者たる素質は運命づけられているためか、ミッションのアイテムを獲得には至らなかったですが、勇者の剣を獲得することとなり、魔王先生の目論見は外れていしまい、勇者が勇者たることを決定づけるアイテムを獲得する手助けをしてしまうことになってしまったのです。

運命の結末は帰ることができず、魔王先生による計画は途方に終わり、勇者が勇者になったのは魔王のおかげのような展開になりそうですね。

アニメ「バーチャルさんはみている」第1話「バーチャルさん誕生」

バーチャルユーチューバーのアニメ化作品です。

最初はメインキャラと思われる有名なバーチャルユーチューバーが登場しそれぞれ自己紹介っぽいのをしてからオープニングに入りました。

最初の自己紹介の場面では、それぞれオリジナルのアバターで3Dで動いていました。これだけの装飾のあるアバターが何体も同じ空間で動いているのを見るとすごいですね。

オープニングではオリジナル3Dアバターと完全にアニメ絵となったバーチャルユーチューバーによるものでした。ここからストーリー仕立てでアニメ絵のバーチャルユーチューバーたちが登場するのかなと思いましたが、どうやら方向性としては各バーチャルユーチューバーによるショートストーリーの詰め合わせで1本の番組としているようです。

多数のユーチューバーを1つの番組で高画質で見られるのが魅力のようですね。

いままで名前は聞いていたけど、どのような人物のバーチャルユーチューバーなのかを知らなかったのでこれを機にいろんなバーチャルユーチューバーのことを知ることができそうです。

月ノ美兎さんの「委員長3時ですよ」というショートストーリーでは実話を交えたネタがありました。

「ケリンスレイヤー」なる完全に「ゴブリンスレイヤー」のパロディ作品では、途中まではヌルヌル動いていたのですが、途中から静止画になり、絵コンテになりという演出なのか、それとも個人事業主っぽいところがあるバーチャルユーチューバーさんたちの都合が合わず間に合わず大人の事情的にしたのかはわからないですが、ハチャメチャにやりたい放題な感じでした。

それぞれのストーリーでは一応台本があるんでしょうけど、各バーチャルユーチューバーの魅力を引き出すためアドリブの結構あったりするのかなーと思いました。

来週はどのような展開で広げていくのか気になります。

アニメ「ケムリクサ」第1話「episode.1」

ケモナー三(?)姉妹と人間のサバイバルアニメみたいですね。雰囲気としてはシリアス方面です。ですが見た目は制作会社がヤオロオズでかわいいタッチの絵です。

まずは次女と三女と思われる人物が、金属製の大きめな客船のようなところで飲み水を発見したところから始まります。

どうやら彼女たちは生き残るために頑張っているようです。

彼女たちはケモナーで、身体能力がとても優れているようです。

敵がいることを察知して、次女は三女に対して長女のところに先に戻るようにいいました。

しかしながらせっかく見つけた水をほかの姉妹のためにも残したく、長女のところではなく、廃船へと戻りました。

三女はたしかにフラグを立てていましたが、キャラの濃ゆさから死亡フラグはへし折る存在と思っていましたが、次女が敵を倒して三女のところへ駆けつけた時には時すでに遅しで、相打ちとなっていました。

容赦ないなと思いつつ、今後もこのように、重要と思われる人物の命も奪い去るような残酷なストーリーになるかと思いきや、次女の目の前で消えていなくなってしまったはずの三女が復帰どころか、4人もいました。

ですが、三女はたくさんいるようで、これからも増殖は可能なような発言をしていましたが、一人一人に命はあり、次女はその重みをしっかりと受け止めていました。

周りの風景や、三人姉妹の拠点から見るに、滅びてしまった都市部のようです。

廃船で見つけた水を、電話BOXを容器にして、汲み上げた水を溜めていて行っていました。

すると、なぜか人間の男の子が出現しました。三姉妹以外には「ムシ」と彼女たちが読んでいる敵しかいません。

三姉妹はその男の子は「ムシ」ではないかと疑いを持ちます。先ほど三女のうちの一人の命を目の前で奪われて行った次女は、また仲間がやられないように、さっさと始末することを選択しました。

当然男の子もやられたくはないので逃げ惑ったりしますが、好奇心旺盛なのか、三姉妹の人間離れした能力に興味を惹かれました。

状況や雰囲気から見て長女と三女は安全ではないかと思いつつありますが、次女はそうは思えず、「ムシ」に有効な「ケムリクサ」で、うつことによってそれがわかると彼に技をかけることにしました。

なんだかんだあった少年も意を決して、彼女の行動を受け入れることにしました。

優しすぎだろ少年!しかし、少年には「ケムリクサ」は効きませんでした。

それでも彼に気を許すことが出来なかったみたいです。さてさて、これはこの後どのように少年は次女さんんp信頼を得るのかと思っていましたら、大型の「ムシ」が出現ました。

あとはお決まりの展開ですね、少年の勇気ある行動により、身の潔白が徐々に証明され、戦闘が終わる頃には次女さんはなぜか少年に対して赤面するようになっていました。

これは今後に少年と次女さんの行く末の方が、世界の謎よりも興味深いですね。

 

アニメ「上野さんは不器用」第1話「実験その1「ロッカくん」/実験その2「クマタンダー2号」」

ソフトエッチな下ネタが繰り広げられ、手先は器用で発明家のような女子中学生上野さん。しかし彼女は意中の男子には不器用な対応しかできないようです。

歪んだ好意を意中の男子に向けますが、ギャルゲ主人公レベルの鈍感さと持ち恥じらう姿を見せない意中に男子に悪戦苦闘しています。

実験その1のロッカくんは、水のろ過装置のようで、どんな泥水も無味無臭の安全な水にできるようです。

そしてなぜか上野さんは意中の男子に彼女のオシッコをろ過した水を飲ませようとしますが、当然のように拒否します。上野さんは意中に男子に飲んで欲しいから飲んで欲しいと訴えますが、真剣に迫られても所詮はオシッコなので、自分もそれはノーサンキューです。

なかなか飲まないため同じ部員の女子に勧めますが、彼女も当然拒否しますが、買収することで彼女は飲んでくれました。彼女曰く「無味無臭のオシッコ」との遺言を残して。

実験その2「クマタンダー2号」

実験装置と機能の関連性がわからないおばか装置。

アニメあるあるの見えちゃいけない部分発生する謎の光ですが、それを暗黒宇宙を発生させることで健全にする装置のようです。

オンにすることで、前回上野さんの無味無臭の押し込みを買収によって飲んだ女子のメガネが暗黒宇宙化しました。彼女のメガネがNGだったのか。それとも彼女の目か、目線なのか。

そして上野さんは意中の男子に命令し、スカートをたくし上げて行くからどの角度まで暗黒宇宙発生器「クマタンダー2号」が機能してくれるかの実験が始まりました。

恥ずかしがるのは上野さんばかりで、意中の男子は嫌々付き合って実験しているようでした。女子のパンチを合意のもとで拝むことができる、思春期男子ならば願ってもかなわないようなシチュエーションになりながらも男子は全然恥ずかしがる様子はありませんでした。

意中の男子の恥ずかしがるところを見たい上野さんは、実は穿いてないことを告白しますが、それがどんな状況であるかを男子は全然わかっていない状況でした。コイツついてないんじゃと思ってしまうような鈍感というか無知さです。

上野さんはアレが見えてしまうのだぞ!というのですが、アレってなんですか?とぼけてるのではなく本当にわからないようで、たくし上げられたスカートの状態のままクマタンダー2号のスイッチを無慈悲にもオフにしてしまいました。

アニメ「私に天使が舞い降りた!」第1話「もにょっとしたきもち」


可愛い少女と、純粋無垢で可愛い少女と同級生の妹と、変人なお姉さんの癒し系アニメですね。

変人お姉さんが主人公と思われます。

自宅警備員と思われても仕方ないようなジャージ姿ですが、その服装からは想像つかないですが、ファッションデザイナー(コスプレ用)のようです。まだ、それで生計を立てているのか、まだ学生さんですそういう趣味を持っているかはわからないです。家には母親もいるようですので。お母様はおそらく元気はつらつなお方なのでしょう。堂々と書置きで娘の飯を食べたことを報告するようなので。洋服作り以外にはお菓子も作れるようです。

変人お姉さんには小学生の純粋無垢な妹がいて、バカっぽいけど、すごくいい人な感じです。

その純粋無垢な妹さんの同級生が家に遊びに来たところから物語は始まります。

変人お姉さんは玄関で妹の同級生に一目惚れをしてしまいます。これがLIKEなのかLOVEなのかはわかりませんが。

変人お姉さんは妹の同級生がまたお家に遊びに来てくれるように、お菓子で釣り、警戒心を抱きつつもお菓子の誘惑に乗ってしまいました。事案ですね。

お母さん登場しました。元気はつらつタイプというよりは、サバサバとしてそうな感じですね。

食事前にお菓子をたくさん振舞ってしまった変人お姉さんは、お母様によって簀巻き吊るし上げの刑に処されていました。

変人お姉さんですがちょっとだけ共感できるところがあって、誰も見ていないと思っていたら、空き家だったはずの家から見られてしまった恥ずかしい出来事を見られてしまって両手で顔を隠してしまうハプニングがありました。

変人お姉さんの暴走っぷりに所々共感できるところがあってテンションが上がって楽しい癒し系アニメみたいです。